フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『星降る夜は社畜を殴れ』って。ライトノベルの割には普通なんだ | トップページ | 『江戸の貧民』現代の貧民 »

2014年9月 7日 (日)

ラウンド・アバウト・ハイヌーン

 セロニアス・モンクじゃないので「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」ならぬ「ラウンド・アバウト・ハイヌーン」な訳です。

 えっ? ラウンド・アバウト? って何? という人。ラウンド・アバウトですよ、ラウンド・アバウト。フランス語で「Rond-Point」(ロン・ポワン)。ツール・ド・フランスのテレビ中継でよく出てくる信号がなくて。真ん中に島がある交差点のこと。

 世界で最も有名なロン・ポワンと言えば、ほらパリのエトワール、シャンゼリゼ通りの行きつく先にある大きな凱旋門の周囲にある回転する道路のこと。

Photo(c)Wikipedia

 これについては日本では道路交通法の規定がなく、従ってそこを通行する際のルールがなかったんですね。基本的にフランスなんかでは、ロン・ポワンを通行する車が、そこに進入する車よりも優先するという決まりがあるんだけれども、日本ではなかった。

 しかし、このラウンド・アバウト。信号がなくても、そこを通行する際のルールを決めておけば、スムーズに通れるので、震災などで信号が使えなくなっても、安全に車が通れるってんで、2013年6月14日に改正された道路交通法で「環状交差点」という名前で認知され、通行する際のルールが決められた訳ですね。それが施行されたのが2014年9月1日なので、早速、東京で唯一のラウンド・アバウトに行ってきました。

 場所は京王線聖蹟桜ヶ丘駅と、同じく京王線と小田急線の永山駅の中間、桜ヶ丘1丁目と2丁目の間にある桜ヶ丘交差点。

 そう、近藤喜文監督のスタジオ・ジブリ作品『耳をすませば』の舞台になった丘の町です。

Photo_2(c)Google

 こんな具合にラウンド・アバウトが出来ている。

Photo_3(c)Google

 京王線聖蹟桜ヶ丘駅で下車。

2014_09_02_84212

 最初は「さくら通り」と呼ばれる道を行くと。

2014_09_02_84252

 かなり急峻な「いろは坂通り」となります。

2014_09_02_84282

 息を「ゼーゼー」言わせながら、いろは坂通りを頂上まで登ると「関戸城跡」という地名板があって、そこから先は住宅地となって、少し下ると。

2014_09_02_84342

 桜ヶ丘交差点です。あっ、「桜ヶ丘交差点」というのは私が勝手につけた名前で、本当は交差点の名前は知りません。

2014_09_02_84362

 で、こんな「交通規制〈新設〉のお知らせ 9月1日(月)から、環状交差点の交通規制が新たに設置されます。環状交差点を通行中の車両が優先となります。 警視庁」という看板が置かれています。

2014_09_02_84382

 でもそんなことはドライバーは先刻ご承知でもって……

2014_09_02_84442

 ちゃんと、皆、交差点内通行車両優先を守っています。

 当然ですよね。その方が安全なことは、当たり前だからです。

2014_09_02_84522

 で、そのままいろは坂通りをまっすぐに下りていくと、こちらはかなり真っ直ぐな道路で、鎌倉街道を過ぎると京王永山駅、小田急永山駅に着きます。

2014_09_02_84592

 興味を持って見に行こうという方。基本的に山がちな多摩丘陵の場所です。そのご覚悟で。

 で、考えて見ると、この「ラウンド・アバウト」って、昔は「ロータリー」って言って、都心部でも池袋の「六つ又ロータリー」とか、荒川区の「宮地ロータリー」とかあったんだよな。それも両方のロータリーとも明治通りという目抜き道路に。

 今は両方とも「交差点」になってしまったんだが、復活しないかな「信号がないロータリー」。

 以前、フランスに出張に行った際にレンタカーで実際走ってみたことあがるのだが、結構スムーズに走れるんだなあ、これが。ただし、パリの凱旋門みたいな何車線もある大きなロータリーだと、一度外の道路に出るタイミングを失ってしまうと、どんどん中の方に追いやられて、一日中ロータリーをグルグル回ることになってしまうので、ご用心。って言うのは冗談だけどね。

NIKON D7000 AF-S NIKKOR 10-24mm/F3.5-4.5G ED @Tama City (c)tsunoken

« 『星降る夜は社畜を殴れ』って。ライトノベルの割には普通なんだ | トップページ | 『江戸の貧民』現代の貧民 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60248968

この記事へのトラックバック一覧です: ラウンド・アバウト・ハイヌーン:

« 『星降る夜は社畜を殴れ』って。ライトノベルの割には普通なんだ | トップページ | 『江戸の貧民』現代の貧民 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?