フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『銀翼のイカロス』敵は国家権力だぞ。立て餓えたる者よ……てこともないか | トップページ | 『攻殻機動隊 大原画展』とは何か? »

2014年8月 9日 (土)

田宮岩の墓

「四谷怪談」で有名なお岩様だが、歌舞伎や芝居、映画などで「四谷怪談」を演じる役者が必ずお参りするのが、四谷左門町にある有名な「於岩稲荷田宮神社」である。

2014_07_31_67162

2014_07_31_67082

「於岩稲荷田宮神社」の前には狭い道を挟んで「於岩稲荷陽運寺」というのもある。

2014_07_31_67172

 ここは元々田宮家の家があったところだ。

 なので、お岩様の墓というのは実は別の所にある。

2014_08_05_69402

 というわけで、豊島区巣鴨五丁目にある妙行寺という日蓮宗の寺に田宮家の墓と一緒に「お岩様の墓」というのがある。

 妙行寺は元々は四谷にあったのだが、明治になって今の場所に移って来た。都電荒川線の新庚申塚から西ヶ原四丁目へ向かって「お岩通り」という道が走っているが、その巣鴨五丁目の交差点を右に曲がって都電の踏切を渡るとすぐにこの妙行寺がある。

2014_08_05_69412

2014_08_05_69482

2014_08_05_69492

2014_08_05_69472

 元々、田宮家は家付き娘だった岩のもとに浪人だった伊右衛門を養子として迎えたわけだが、伊右衛門が心変わりして岩を離縁したという話とか、逆に伊右衛門と岩は仲睦まじく暮らしたという話など、諸説紛々ある。

 有名なのは鶴屋南北が作った「東海道四谷怪談」だが、基本的なストーリーは「貞女・岩が、夫・伊右衛門に惨殺され、幽霊となって復讐を果たす」というもので、鶴屋南北版の他にも様々なバリエーションがある。

 いずれにせよ、夏の風物詩としての怪談話の定番なわけだけれども、四谷の於岩稲荷に詣でるのは分かるが、肝心のお岩様の墓に詣でないというのは何故なのだろう。

20140807_124917

 この「四谷怪談」に想を取った三池崇史の『喰女(クイメ)』の公開がそろそろである。

NIKON D7000 AF-S NIKKOR 18-105mm/RICHO GRDⅢ @Yotsuya & Sugamo (c)tsunoken

« 『銀翼のイカロス』敵は国家権力だぞ。立て餓えたる者よ……てこともないか | トップページ | 『攻殻機動隊 大原画展』とは何か? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60112172

この記事へのトラックバック一覧です: 田宮岩の墓:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/09 08:57) [ケノーベル エージェント]
豊島区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 『銀翼のイカロス』敵は国家権力だぞ。立て餓えたる者よ……てこともないか | トップページ | 『攻殻機動隊 大原画展』とは何か? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?