フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 八百屋お七の墓・考 | トップページ | 『起業すると月曜日が楽しくなる!』という正直本 »

2014年8月 4日 (月)

長岡まつりの牛の角突き

 毎年、8月の最初の日曜日は「長岡まつり」が行われる。

 で、その長岡まつりに合わせて山古志闘牛場では牛の角突きが行われる。題して「長岡まつり闘牛大会」なのだが、実は別に長岡まつりと闘牛は関係ない。というか、むしろ長岡まつりの方に人を取られてしまい、こちらの闘牛の方は普段の闘牛よりも若干人出が少ないくらいだ。

2014_08_03_67312

 が、まあそれにしても「田舎の夏」を感じさせる風景の中での闘牛と言うのも悪くはない。なんか田舎の夏祭りという感じだ。

2014_08_03_67922

 牛も本来は寒い方が好きらしく、この暑さの中では闘志もわかない牛もいるようで、立ち合い一番で戦意喪失なんていう牛もいたりする。

2014_08_03_67872

 とは言うものの、「山古志牛の角突きブログ」の中の人「あっちゃん」(本当は長岡市のお役人らしい)の名調子も健在。何しろこの人、勢子として牛の綱取りをしつつアナウンスもしてしまうという、まるでドリキン土屋圭一みたいな人(あっ、土屋圭一を知らない人はググッてみてください。要は、自分でレースをしながらレースの実況をやってしまったレーサーだったんです)。

 小千谷闘牛の小千谷弁丸出しの老アナウンサーもいいけれど、この「あっちゃん」の名調子も、聞いているといいですよ。

2014_08_03_68862

 この日は、ミラ・マルティネッツ駐日クロアチア大使(左の金髪の人)や、「山古志応援団」らしいです有森裕子さんなんかも観戦していて、なんか華やいだ雰囲気もあったりします。

2014_08_03_67662

 ということで、「山古志産和牛の串焼き」何かを頬張りながら、牛と牛の闘いを見るってのもオツなもんじゃないですか。

2014_08_03_69072

 とは言いながらも、牛同士は真剣勝負。

2014_08_03_68632

 1トンを超す牛を最後は引き離す勢子も大変。

2014_08_03_67802

 てなことで、長岡まつり花火大会へのお客さんを気にして、普段より若干早めに終わった「山古志牛の角突き」会場を後にするのでありました。

NIKON D7000 AF-S NIKKOR 18-105mm/55-300mm @Yamakoshi, Nagaoka (c)tsunoken

« 八百屋お七の墓・考 | トップページ | 『起業すると月曜日が楽しくなる!』という正直本 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60094124

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡まつりの牛の角突き:

« 八百屋お七の墓・考 | トップページ | 『起業すると月曜日が楽しくなる!』という正直本 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?