フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 第101回ツール・ド・フランス開幕! | トップページ | 「お台場海浜公園」じゃなくて「台場公園」なのである »

2014年7月 6日 (日)

佃島は思ったより小さい

 中央区佃というと、現在は佃一丁目、二丁目、三丁目とあって、西が月島と繋がっている、かなり大きな地域という感じがあるが、実は昔の佃島というのは実に小さく、現在の佃一丁目のごく一部分であったにすぎない。

2014_07_02_60492

 この、佃小橋の手前と向こうの小さな地域が江戸時代の佃島なのである。島を一周しても、わずか15~20分程度。

2014_07_02_60712

 江戸古地図にある佃島。右下にあるのが石川島で、後に水戸藩がここに造船所を作り、明治時代になりその払い下げを受けて石川島造船所を作ったのが平野冨二で、それが現在のIHI(石川島播磨重工業)の基であった。

2014_07_02_60872

 現在の地図を見るとこんな感じで、佃島の西側は月島とくっついてしまっているが、南と東はほぼ昔のままの佇まいと見せている。この地図で見ると、佃一丁目1番、2番、3番、4番、5番、6番、7番、8番、9番までが、昔の佃島だったことが分かる。

2014_07_02_60562

 佃島のシンボルと言えばこの、佃島の住人が元々いた大阪から持ってきた住吉神社だし……

2014_07_02_60682

 佃渡船場跡なのだが、住吉神社はまだしも、この渡船場はあまり往時の状況が分からなくなっている。

2014_07_02_60642

 佃島のすぐ東にあるのが、ここ佃島リバーシティ21というタワーマンションなのだが、実はこのマンションは石川島にあるというのは、その手前に石川島灯台(復元)があるので、よくわかる。佃小学校、中学校というのも、やはり石川島にある。なんで「石川島リバーシティ」じゃないんだろう。

2014_07_02_60722

 佃島に残された昔の風情を思い起こされるものと言えば、この元祖佃煮「天安」とか……

2014_07_02_60742

 本家佃煮佃源「田中屋」といった、昔ながらの佃煮屋さんとか……

2014_07_02_60802

 こんな家の土間だとか、町中にも散見する昔の井戸なんかである。

2014_07_02_60822_2

 佃島のメインストリート。佃の「田」の字の縦一本棒であります。というか、佃島にはこの「田」の字の通りにしか道はないのは上の地図にもあるとおり。

 佃島や石川島は、元々隅田川の河口の砂州だったらしい。ということはそれから先はすべて埋立地ってことで、やはり江戸時代の「江戸拡大政策」ってすごい勢いだったんだな、とわかる本日の写真レポートではありました。

NIKON D7000 AF-S Nikkor 18-105mm @Tsukudajima (c)tsunoken

« 第101回ツール・ド・フランス開幕! | トップページ | 「お台場海浜公園」じゃなくて「台場公園」なのである »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/59922457

この記事へのトラックバック一覧です: 佃島は思ったより小さい:

« 第101回ツール・ド・フランス開幕! | トップページ | 「お台場海浜公園」じゃなくて「台場公園」なのである »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?