フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『革命の子どもたち』はなかなか「母娘」の関係を考えさせられる映画だ | トップページ | 本駒込周辺をご案内 »

2014年7月21日 (月)

東京周縁紀行・江戸川堤を往く

 駒込に帰って来て便利なのは、東京の東の方とか南の方に行くのが便利になったこと。

 ということで、昨日は京成線に乗って江戸川駅まで。

2014_07_20_62992

 江戸川駅そばの江戸川堤に上がる。こちらは東京都江戸川区小岩、対岸は千葉県市川市国府台である。

2014_07_20_63022

 荒川サイクリングロードや江戸川サイクリングロードを走っていると、こんな感じで河口からの距離が表示されていて、ランをやっている人なんかが、自分の走った距離が分かるようになっている。

2014_07_20_63062

 しかし、江戸川サイクリングロードも随分広くなって、私が走っていた頃に比べると三倍位の広さでかなり走りやすくなっている。

 なんてことを考えていたら、以前、自宅から北千住→堀切橋→柴又で江戸川サイクリングロードに入り、関宿町まで走って、往復122.76kmなんて走ったことを思い出した。2005年9月17日のこと。

2014_07_20_63302

 そういえば、荒川サイクリングロードを葛西臨海公園まで走って、そのまま江戸川河口から江戸川サイクリングロードに入って、柴又や金町・野田まで走るなんてこともよくやっていたなあ。

 元気だったんだなあ。

2014_07_20_63082

 なんてことを思い出しながら、小岩田天祖神社とか……

2014_07_20_63142

 馬頭観音とか……

2014_07_20_63182

 江戸川不動尊とかを通り過ぎて……

2014_07_20_63292

 北総鉄道に至るとそこは既に葛飾区柴又である。

2014_07_20_63332

2014_07_20_63402

 ということで、江戸川堤紀行は柴又帝釈天でジ・エンド。

 ここら辺の対岸は千葉県松戸市である。

EPSON RD1s+LEICA ELMARIT 28mm/F2.8 @Koiwa-Shibamata (c)tsunoken

« 『革命の子どもたち』はなかなか「母娘」の関係を考えさせられる映画だ | トップページ | 本駒込周辺をご案内 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60014734

この記事へのトラックバック一覧です: 東京周縁紀行・江戸川堤を往く:

« 『革命の子どもたち』はなかなか「母娘」の関係を考えさせられる映画だ | トップページ | 本駒込周辺をご案内 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?