フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東京国際ブックフェア開幕、5日まで | トップページ | 第101回ツール・ド・フランス開幕! »

2014年7月 4日 (金)

Linked Inって、知っていましたか?

 Linked Inって知ってますか?

 ウィキペディア的には「2003年5月にサービスを開始した、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス、及び、同サービスを提供するアメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーの企業」というものだが、要は、利用者がビジネス向けのプロフィールなどを公開し、その中で他の会社のビジネスマンと繋がったり、顧客や商談先を見つけたり、更には転職先を見つけたり(これが一番多いそうだ)するSNSなのである。

 現在、全世界で3億人弱の登録ユーザーがいるそうだ。

 日本ではデジタルガレージが2011年からローカライズを始めて、現在の登録者は100万人位。まだまだ伸びそうだ。

 で、私は日本版が出る前からこのLinked Inを知っていたので、取り敢えずアメリカのサイトに登録。ということなので、時々、アメリカのLinked Inからこんなメールが来たりする。

Linkdin

 とは言うものの、私がLinked Inを知ったのだって2006~7年ごろではなかったか。ということなので、既に定年間近に差し掛かった年齢で、今から転職? それもアメリカ企業に? なんてことはなく、単に面白がってアメリカ・ビジネスマン版SNSを楽しんでいただけなのであった。

 というところに、一昨日Linked In Pulseから来たメールが以下の通り……

・    ・    ・    ・    ・    ・

When interviewing for a new position, we want to do everything possible to ensure it goes well. Breath mints? Check. Resumes? Check. Firm handshake? Check.

But a great job interview starts days before you ever arrive at the office. Follow these simple steps to prepare yourself to have your best job interview ever:

 新しいポジションのための面接にあたって、それが上手く行くためにあらゆる努力をして確認したいと考えます。ミントの息? 履歴書のチェック? ガッチリした握手? そうチェックなのです。

1. Research the company

 あなたがいかなる面接に行くにしても、その前に、その会社に関してできるだけ多くのことを知っているかどうか、確認してください。

2. Research the job

 面接に際しては、あなたが着くポジションやすべての仕事について完全に知っているかどうか確認してください。

3. Prepare answers that highlight your skills and experience

 この質問には多くのフォームがあります。しかし、あなたがキーになるスキル、仕事に関する知識と経験を持って、勝利者インタビューに答えるということが重要です。

4. Prepare answers that show your enthusiasm and interest

 リクルーターが同じような候補者の前で選択をしなければならない時に、多くの場合、仕事の中でもっともエンスージアズムを興味を示した候補者が勝つでしょう。

5. Prepare answers that show how you will fit in with the company culture

 手順1(Research the company)であなたはその会社の企業文化について理解をしているだろうし、どうやったらそれにフィットできるかをデモンストレイトできるはずです。

6. Plan your journey so you arrive stress free and on time

 予期せぬ交通によるストレスや、道に迷ったり、その他のインタビューの約束などに遅れたりしても、そのストレスから免れる方法はあります。前夜のうちに、唇、シミ、靴、その他を準備しておくこと。履歴書のコピーを余分にとっておく。面接場所へのルートを調べ、いかなる地図のエラーにも間に合うようなプラクティスをしておく。早く行けるルートをチェックし、同時に別のルートも頭に入れておく。あなたが早く着いて、クルマの中やロビーで数分待ったりできれば、もっと遅く着いたりした場合よりもストレスなく、余分な時間を持てるのです。

・    ・    ・    ・    ・    ・

 以上は、私の勝手な意訳・抄訳なわけだが、なんだかなあ、まるでガキに面接のやり方を教えているみたい。

 そうなんだ、アメリカの転職市場なんてものも、そんなに厳しいんじゃなくて、こんなことを気にしながらやっているんだ、ってことにも気づく。

 アメリカの転職市場ってもっともっと厳しいものなのかと思っていたら、意外とそうじゃないってことも知ることができる。

 これだったら、日本のビジネスマンがアメリカ企業に転職するっていう時代も、結構早く来たりするかもしれない。

LinkedInの英語サイトはコチラから

Linkedin_jp

日本語サイトはコチラ

« 東京国際ブックフェア開幕、5日まで | トップページ | 第101回ツール・ド・フランス開幕! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/59914111

この記事へのトラックバック一覧です: Linked Inって、知っていましたか?:

« 東京国際ブックフェア開幕、5日まで | トップページ | 第101回ツール・ド・フランス開幕! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?