フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 中央大・首の皮一枚で入れ替え戦回避! | トップページ | 『起業したい君は、まずブラック企業に就職しなさい』という、これまた極論 »

2014年5月29日 (木)

『ダイエットは運動1割、食事9割』は理に適った本だ

 そりゃあ、ダイエットは基本的には「消費カロリー>摂取カロリー」という単純なことな訳なのだけれども、なかなかその「当たり前」に気が付かないものだ。

Photo運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』(森拓郎著/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2014年2月20日刊)

 私が自転車(ロードバイク)に乗り始めたのが今から10年ちょっと前。50歳を過ぎて何かやらなければ、という思いから始めた自転車だったが、その頃の体重が82~84kg。

 毎週1回、約100kmを走るというのが、その頃の自転車メニューだった。走り終えて体重を測るとたまに2kgくらい体重が減っていることがあったが、よく考えてみれば、それは単に体の中から水分が汗として減っていただけで、そんなもの一晩寝てしまえば元に戻ってしまうというものだった。

 それでそれだけ運動をしていても、結局、体重変化(体重減少)はあまりなくて、自転車に乗っていた10年間の体重は、ほとんどの時期、81kg~85kgの間の変化と言うだけで、体重減少ということはなかった。本当は70kg台に持って行きたかったんだけどなあ。

 それが2010年頃、鎖骨骨折をしてから自転車に乗らなくなり、そうすると見る見るうちに体重は増大、2012年10月に会社を辞めた時、体重はついに93.9kgと過去最重量になってしまった。

 その後、2013年10月には90.5kgまで減少し、現在は86~85kg程度まで体重は落ちてきている。この1年半で約8kg、半年で4~5kgという落ち方である。

 ただし、これは運動によるものではない。殆ど食事を変えたことによるものなのだ。

 なので、私も森氏が言うように『ダイエットは運動1割、食事9割』というのには充分納得。

 で、現在私がやっているダイエット策は……、基本的には糖質抑制ダイエットだ。

 朝は普通に食べる。

 昼は食べたり食べなかったり。お腹が空けば食べるが、そうでなければ食べない。という生活を続けていると、あまり昼になってもお腹は空かなくなる。というかずっと前から昼になってもお腹が空かない時はあったが、サラリーマンをやっている時は、それでも昼の時間に何か食べていた。しかし、考えてみれば江戸時代までの日本人は基本的に1日2食。なので別に必ず1日3食を食べる必要はなかったのだ。

 夕食は普通に食べるが、そこでは炭水化物は一切摂らない。基本的に緑黄色野菜と魚、プラス少量の肉、という感じかな。勿論、お酒は飲みます。ただし、ビール、ワイン、日本酒などの醸造酒は飲まない。ウィスキーか焼酎などの蒸留酒のみ。

 運動はさほどしない。というか、2012年10月からFitbit Ultraを使い始めてから、歩いた歩数、距離、消費カロリーなどを記録する(というかFitbitの側で記録してくれる)ようになってから、意識して歩くようになってきた。しかし、それが決定的になったのは2013年10月にFitbit Flexを導入してから、10000歩や8km、2700Kclaという目標が見えてきて、それを突破するのが面白くなってきた。ダッシュボードの表現が面白いってこともあるんだけど。なので、今は毎日10000歩、8kmを目標に歩いている。2700Kcalというのが意外と厳しくてなかなか実践できていないが、まあ、それはその分摂取カロリーを減らせばいいというだけのこと。

 という自分で経験したことから、私もやはり『ダイエットは運動1割、食事9割』という実感はある。自転車で100km走っても痩せなかったのが、1日10000歩歩くだけでも、食事の考え方を考えることで痩せたのだから。10000歩歩いても、自転車で100km走った時ほどは疲れないのだから、やはり食事のとり方が大事だということはよくわかる。

 昔から言われていることだし、本書でも書いてあるが「高N/Cレート食品(NはNutrient value(栄養的価値)、CはCakorie(総カロリー)」の大事さだということ。この「高N/Cレート食品」の代表が日本の昔からある代表的な食材「マゴワヤサシイ食品」なのだ。

 つまり

マ=豆類(味噌、納豆、豆腐、大豆、小豆、湯葉)

ゴ=ゴマなどの種子類(ナッツ、くるみ、アーモンドなど)

ワ=ワカメなどの海藻類(ひじき、昆布、もずく、のり、寒天)

ヤ=野菜類(緑黄色中心)

サ=魚類(小魚、背青魚)

シ=シイタケなどのきのこ類(舞茸、エリンギ、干椎茸、きくらげ、えのき)

イ=イモ類(さといも、さつまいも、やまいも)

 のマゴワヤサシイである。

 基本的に、このマゴワヤサシイ食品を、適当に摂取しながら、炭水化物の摂り方を注意して、間食をしないという生活を送っていれば、(太った)人は自然と痩せてくるし、痩せた人は自然と太ってくるのだ。

 これで、私はそろそろ自転車生活も再開しようと思っている。まあ、今回は自転車で痩せようとは思わない。まあ、気分転換ですね。運動はそれで充分。

 だって、1日6000Kcalも消費するツール・ド・フランスに出るような選手でない私たちは、結局1日4時間100km走ったって、消費カロリーはせいぜい数百Kcalでしかないんだから、基本的には食事でダイエットをして、運動は気分転換でいいというふうに考えるのが一番なのだろう。

 取り敢えず、現在の第1目標は80kgを切ること。リバウンドなしで実現するためには、月1kgずつ位で体重を落とせばよい。あと半年くらいで実現だ。

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割』(森拓郎著/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2014年2月20日刊)Ki dle版は2013年1月8日インプレスコミュニケーションズ刊

« 中央大・首の皮一枚で入れ替え戦回避! | トップページ | 『起業したい君は、まずブラック企業に就職しなさい』という、これまた極論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/59714416

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダイエットは運動1割、食事9割』は理に適った本だ:

« 中央大・首の皮一枚で入れ替え戦回避! | トップページ | 『起業したい君は、まずブラック企業に就職しなさい』という、これまた極論 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?