フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« タワークレーンは自分で降りてくる | トップページ | コミュ障の漫画家が『群馬県ブラジル町に住んでみた』 »

2014年3月 3日 (月)

木場に木場はない

 東京メトロ東西線の門前仲町と東陽町の間が木場である。

 しかし、今や木場に木場(貯木場)はない。今は新木場に行ってしまった。しかし、町名の木場は今も残っている。

Img0032

 あっと、これじゃあ撮影したのが随分前だってのがバレますね。

Img0072

 で、今は木場のあったところが「木場公園」となって残っている。

Img0192

 中央の川に架かった吊り橋の向こうに見えるスカイツリーというのが、いかにも下町風の風景ですね。

Img0162

 何かの集まりだろうか。

Img0232

 吊り橋からの眺め。

Img0272

 何かのオブジェのような装置。オブジェではないようなのだが、わざと皆の目につく場所に置いてある。

Img0302

 で、最後は東京都現代美術館で木場公園は終わる(あるいは始まる)。

LEICA M6+LEICA ELMARIT 28mm/F2.8 @Kiba, Koto (c)tsunoken

« タワークレーンは自分で降りてくる | トップページ | コミュ障の漫画家が『群馬県ブラジル町に住んでみた』 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/59223985

この記事へのトラックバック一覧です: 木場に木場はない:

« タワークレーンは自分で降りてくる | トップページ | コミュ障の漫画家が『群馬県ブラジル町に住んでみた』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?