フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ネトウヨ化する日本 | トップページ | 「古志の火まつり」に行ってきた »

2014年3月 9日 (日)

山手のドルフィンは 静かなレストラン

「山手のドルフィンはぁ」ということで根岸線の山手駅で下りたんだが、結局、根岸線ってのは横浜山手の下を走っている電車なので、「山手」というイメージから想像していたのとは全然別で、そこからエッサコラ山手まで登らなければいけないのであった。

2014_03_03_20262

 ヒーヒー言いながら登坂を上がると仲尾台から根岸台に至る。

2014_03_03_20452

 と、そこは県道横浜根岸道路に至り、そこには根岸森林公園という、とっても広い公園があるのだ。

 なんでも、昔、根岸競馬場というのがあって、それが戦争中に日本軍によって接収され、それが戦後になって当然米軍に接収されることになって、ゴルフ場になったのであるが、それが返還されて、根岸森林公園になったというわけなのである。

2014_03_03_20682

 今でも横浜根岸住宅地区として米軍の管理地域になっている。

2014_03_03_20702

 それを見ながら歩いていると、突然「馬頭観音」の碑なんかがあってびっくりしていると、ありました。

2014_03_03_20562_2

 県道横浜根岸道路が根岸駅方面へ降りていく交差点のすぐ下にありました。「ドルフィン」当然、イルカのマークもありますね。

2014_03_03_20732

 予想していたのとは随分違う、結構大きなレストランです。

2014_03_03_20742

 しかし、「坂を上がって 今日もひとり来てしまった」って歌うユーミンは、多分車で来るときは松任谷正隆氏が運転する車で来たんだろうから、「ひとり来てしまった」ときは、多分、根岸駅から歩いてきたんだろう。でも、ここって(「不動坂上」のバス停近く)結構登り厳しいですよ。

 まあ、でも八王子の人であるユーミンだから、結構坂道には強いのかもしれない、なんて考えたりして。あ、バスで上がって来たのか。納得。

 しかし、ここはやはり車で来るところなんだろうな。私も入ろうかとは思ったんだが、やめた。もう一回、今度は車でこよう。

2014_03_03_20853


 で、根岸駅まで下りてくると、なんだ駅前にこんな看板が出ているじゃないか。

 でも、この看板を見て、登りの厳しさを見たら、多分バスで上がって行ったんじゃないだろうか。

 まあ、そんなところです。

EPSON RD1s+LEICA ELMARIT 28mm/F2.8 @Yamate, Yokohama (c)tsunoken

 

« ネトウヨ化する日本 | トップページ | 「古志の火まつり」に行ってきた »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/59231920

この記事へのトラックバック一覧です: 山手のドルフィンは 静かなレストラン:

« ネトウヨ化する日本 | トップページ | 「古志の火まつり」に行ってきた »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?