フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『この世でいちばん大事な「カネ」の話』は、西原理恵子さんの「愛」の歌なのだった | トップページ | 家入一真氏の政策発表① »

2014年2月 2日 (日)

都知事選は家入一真に投票します

 今度の都知事選には家入一真氏に投票することにした。

Photo

 都知事選の公示前までは、特に誰にしようかなということも考えずに、でも結局誰がいいのか分からないという状態だった。まあ、舛添、田母神はないだろうということだけだったのであります。まあ、私と同世代の都民は大体そんなものだろう。

 ところが、突然(本当に突然)家入かずま(一真)氏が立候補を表明してからは状況が全面的に変化した。こりゃあ家入氏に投票しなきゃあということに急展開したのであります。

 取り敢えず、下の表を見てくださいな。

20140201_194155

 要は、今回立候補した人たちの、現在の年齢と(もし、もう一回選挙で勝てれば可能な)次回東京オリンピック開催時の年齢であります。

 後期高齢者が6人、前期高齢者(って言うのかな)が7人です。

 トンでもないよね。そんなヨイヨイの爺いが「東京オリンピックの顔」として君臨するのかよ。まあ、日本は確実に「年寄り大国」なので、総理大臣とか都知事とかの要職につく人は、確実に欧米に比べて歳が取っているのは事実なんだけれども、それにしたって皆年寄りばかりだよね。

 本来であれば、働き盛りの40代が出馬すれば一番いいのだろうけれども、それもいない。というか、多分政党選挙の考え方では「40代で都知事」という選択肢はないのだろう。何せ、東京都の年間予算はカナダ一国と同じくらいのスケールがあって、言ってみればヨーロッパの中小国の大統領を選ぶ選挙以上の重みを持った選挙なのだ。そんな「大きな選挙」に、政党内では「まだまだ若手(!)」の40代が割り込める筈もない。

 で、まあこれまでの普通の都知事選と同じように、誰を選んでもたいして変わらないよなあという選挙になるのかなあ、と思っていたら、私もその著書でよく知っていた家入一真氏が立候補するって? そりゃあ面白い。ということで、取り敢えず、公約なんてどうでもいいから、政策なんてどうでもいいから、取り敢えず、家入一真氏を応援することにしたのであります。

 と言っても、私は家入事務所のメンバーでもないし、単なる支持者でしかないから、そこで出来ることは、私のブログを読んでいる方たちに「家入一真さんに投票しましょう」ということを呼びかけるだけなのだろう。

 家入氏には「公約」と言ったものはない。しかし、1月31日に「政策発表記者会見」なるものを行なったそうなので、その要約を明日のブログで書きます。

 取り敢えず、私が家入一真氏を支持します、という宣言をしたところで今日のブログはおしまい。

 家入一真氏の本に関する過去ブログはココココ

 まあ、今回当選する確率は限りなく低いけれどもね。

 まあ、でも今後の可能性に賭けるっていう意味では、何とかなるんじゃないだろうか。

2014_02_01_08002

« 『この世でいちばん大事な「カネ」の話』は、西原理恵子さんの「愛」の歌なのだった | トップページ | 家入一真氏の政策発表① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/59050489

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選は家入一真に投票します:

« 『この世でいちばん大事な「カネ」の話』は、西原理恵子さんの「愛」の歌なのだった | トップページ | 家入一真氏の政策発表① »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?