フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『BRUTUS特別編集「合本 大友克洋 2012年再始動、そして。』どこへ行くんだ? | トップページ | 神保町古喫茶店散歩カメラby LEICA M6 »

2014年1月19日 (日)

イオンモール幕張新都心に行ってきた。その広さに超吃驚!

 昨年の12月20日にオープンした「イオンモール幕張新都心」に行ってきた。

Photoまあ、そろそろ新開店に伴う混み方も少しは収まっているかな、という感じでいたのだが、いやいや、まだまだ混んでいますね。駐車場はまあスムーズに入れたのだが、中は結構「敵情視察的」なサラリーマン風も結構いて、まだまだ新オープンてな感じなんでしょうかね。

Photo_2取り敢えずは、ご当地キャラ(ちょっと違うけど)的なふなっしーにご挨拶。って言ってもなんかくまモンの方が存在感があるのは何でだろう? 別に16日の記事のせいじゃないと思うけど?

 で、取り敢えずイオンモール幕張新都心の大まかな説明をすると、まず「グランドモール」がある。ここは、まあ、いわゆるよくあるイオンモンールと同じ構成で、イオンの食料品店があって、そこから続くイオンの一般店がある場所だ。ただまあ、その一般店の部分が他のイオンに比べるとかなり長い。

 でもまあ、ここまでは一般のイオンとはそんな変わったイメージはない。

Photo_5二階に上がるとなんかそこはエスニック・イメージ。こんな「チャイ・ティー・カフェ」なんていうタイ風のカフェなんかもあって、それ以外にもハワイ風やらアジア風のグッズを売る店があったりとか、なんかエスニック風のお店が多い。

Photo_6で、三階に上がるとこれが凄いんですな。まあ、言ってしまえば「オタク系」のお店ばっかり。だって、こんなガンダムカフェとか……

2014_01_16_01992「鉄道カフェ STEAMLOCOMOTOVE」なんて、Nゲージ見ながら食事するカフェなんかもあるんですぜ。これ、絶対お父さんの方が子どもより楽しんでいるよな。

Photo_7最後はここですよ。イオン・シネマはお約束通りあるんだけれども、となりにあるのが「よしもと幕張イオンモール劇場」ですよ。すごいよね、吉本興業まで幕張に呼んじゃうんだから。

Photo_3更に、ここグランドモールには蔦屋書店があるんだけれども……

Photo_4ファミリーモールには未来屋書店って、本来はイオン系列の書店がメインのモールじゃないところにあるってのが、凄いよね。

 で、メインのグランドモールから犬や猫がいるし、犬猫の病院やらペットホテルなどがある「ペットモール」をすぎると、ここ「ファミリーモール」に来る。

Photo_8ここ、ファミリーモールには子どもたちに向けたショップやら、「ごちそうパーク」というフードコートがあって、大盛況。

 勿論、メインのグランドモールにも「ライブ・キッチン」というフードコートもあるんだが、こちらも凄い広い。私はこのライブ・キッチンの重慶厨房というお店のお粥を食べてきたんだけれども、さすがに横浜中華街の重慶飯店の出店だけあってとても美味しかった。別に、フードコートでもテナント出店している店でも美味しさは変わらないんだな、と納得。

Kandu

 ファミリーモールには子どもたちの衣服やオモチャなんかを売っているお店が沢山。

 更に、こんなKANDUという、子どもたちに大人の仕事を体験できるゾーンなんかもあって、要は豊洲ララポートの「キッザニア」みたいなものだろう。

Photo_9

 保育園なんてのもあって、「一時保育」なんてお母さんが買い物している間に預かってくれるなんてのもあるのかな。
Photo_11

 途中にコストコなんかもあるんだが、まあこれは関係ないらしい。でも、見るとイオンの中にある感じなんだよなあ。
Photo最後はグランドモールから一番遠いアクティブモールである。

 スポーツ用品なんかが置いてあるんだが、なんとそこに発見!じぇ、じぇ、じぇ、あの超マイナースポーツのラクロスグッズがあるんだぁ。

 なんでまた。あのラクロスなの? アメフトグッズもないのに? 幕張近辺ではラクロスがもしかしたらメジャーなの?

 とまあ、あそれはいいとして、ここアクティブモールには用品だけではなく、テニスやフットサルコートなんかもあって、用品販売だけではないという形をとっている。

 ということで、イオンモール幕張新都心をすべて歩いたわけなのであるが、まあ、とにかく広い。

 ここを歩くだけで1万歩を超える歩行が可能だということは、要はここを歩くだけで7.6km以上を歩くわけで、それだけでも凄い広さだということはご理解いただけるだろう。

 うーむ、はたしてここに再び買い物にくるだろうか……というのはちょっと分からない。

Fujifilm X10 @Makuhari, Nrashino (c)tsunoken

« 『BRUTUS特別編集「合本 大友克洋 2012年再始動、そして。』どこへ行くんだ? | トップページ | 神保町古喫茶店散歩カメラby LEICA M6 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/58956527

この記事へのトラックバック一覧です: イオンモール幕張新都心に行ってきた。その広さに超吃驚!:

« 『BRUTUS特別編集「合本 大友克洋 2012年再始動、そして。』どこへ行くんだ? | トップページ | 神保町古喫茶店散歩カメラby LEICA M6 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?