フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« Revenge Yokohama by Leica M3 | トップページ | 『イン・ヒズ・オウン・サイト』はちょっと気取りすぎ »

2013年12月19日 (木)

横浜散歩カメラ by Leica M3

 昨日のブログ「Revenge Yokohama by Leica M3」の別バージョンである。

 写真の無意味性ということではコチラの方が上、ただし「第三信号系」という意味ではなく、まったく無意味っていう……。

Img0052_edited1

Img0072

Img0112_edited1

Img0122

Img0182

Img0372

 この写真の中で上から3番目の「戸部駅前」っていうのが、撮影された地域を限定している記号だろう。4番目の「ANDY KOYAMA」っていうのも、元(オリジナル)シャープホークスだということを知っていれば、なんとなく「横浜」っていう記号にはなる。5番目の「この地盤は約2.0m」という文字の下の方にある「横浜市」というのは、記号どころか「まんま」である。

「第三信号系の写真」というのは「特に何物をも意味しない写真」といった程度の定義なのだが、しかし、そこには明らかに「撮られた場所・時間・対象などに関する記号的情報」位は写されているものなのだ。それが写真というものの不思議なところなのだ。

 田中長徳氏の膨大な量の「ウィーンに関する写真」も、そこがウィーンであることは明白な記号的事実であるわけで、それでいてウィーンについてのなんらの情報も内容されていないというところが「第三信号系の写真」なわけである。

ところで、「第三信号系の写真」とか「第三信号系カメラアイ」とか、一体何なんだ、というご質問があるかとは思いますが……、何でもありません。単なる言葉の遊び。

 証明書や免許証なんかの「それが何であるかの説明的な写真」を第一信号系、新聞写真やアイドルなんかの「社会的価値を伝達する画像」を第二信号系といった場合の、昔は「芸術写真」なんて言っていた「訳のわからない写真」を第三信号系の写真……だから、つまりそれは言葉の遊びでしかない。

 写真は写真でしかないし、それが芸術か芸術じゃないかなんてことは、その写真を見た人が勝手に作り上げた価値観でしかないわけで、芸術写真というものはアプリオリには存在しないものなのだ。

 なので、私はそんな写真を「散歩カメラ」と呼ぶことにしている。「散歩カメラ」なので、別に何物をも意味していない。ただ、そこには写真があるだけなのだ……、って、要はヘタレ・カメラマンの自己弁護でしかないか。

LEICA M3+Summicron 5cm/F2.0 KODAK Super Gold 400 (モノクロ変換) @Yokohama (c)tsunoken

« Revenge Yokohama by Leica M3 | トップページ | 『イン・ヒズ・オウン・サイト』はちょっと気取りすぎ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/58776658

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜散歩カメラ by Leica M3:

« Revenge Yokohama by Leica M3 | トップページ | 『イン・ヒズ・オウン・サイト』はちょっと気取りすぎ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?