フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 甲州街道高井戸宿本陣の看板発見! | トップページ | 堀江貴文『ゼロ』は「どろなわ式」の成功方式なのである »

2013年11月11日 (月)

関東カレッジフットボール閉幕・タッチダウンしなきゃ勝てないでしょ

 関東学生アメリカンフットボール連盟レギュラーシーズン第7節最終戦が11/9、11/10の両日、アミノバイタルフィールドと横浜スタジアムで行われた。私が見たのは、11/9のアミノ、神奈川大学対上智大学、東京大学対一橋大学、日本体育大学対立教大学、11/10のハマスタ、中央大学対慶應義塾大学のそれぞれの戦いである。

 前にも何回も書いたが、来年から関東学生リーグが1部上位リーグ8チームと1部下位リーグ8チームに分かれるということで、今年の関東学生リーグは大変なことになるぞ、と思っていたのだったが、結果、フタを開けるとまあそれほどの混乱もなくて、いるべきチームがいるべきところにいるなという結果に終わった。

 まあ、日本大学と法政大学の二強時代は続いているので、それはやむなしとして、今年の注目は何と言っても立教大学だろう。

Dsc_88132Nikon D7000 AF-S Nikkor 70-300mm @Amino Vital Field (c)tsunotomo

Dsc_88202Nikon D7000 AF-S Nikkor 70-300mm @Amino Vital Field (c)tsunotomo

 注目の的は、なんといっても#30ランニングバック(RB)の茂住雄太である。立教新座高校でアメリカンフットボールを経験していた彼は経営学部所属なので実は昨年1年間は海外留学をしていたので、現在も3年生。来年の活躍も充分期待できそうなのである。

 彼のいいところは、敵に当たり負けしていないところ。当然、オフェンスライン陣が切り開げてくれたところを進むのがRBなのだが、それでも敵のラインやラインバッカー(LB)が当たってくる。それでも当たり負けしないで前に進むところが茂住のいいところで、まさしく今年の関東学生リーグ1部のリーディングラッシャーらしい姿なのだ。

 そんな立教大学は今年は1部Aブロック2位で今シーズンを終了した。

 その他、11/9のゲームは上智大学が神奈川大学に42対13で敗れて、一橋大学が東京大学に17対14で敗れてそろぞれ2部との入れ替え戦出場が決まった。まあ、東大にしてみれば、取り敢えず入れ替え戦出場が決まらなくて良かったね、というところなのだろう。

Dsc_00752

 で、11/10のハマスタ、中央大学対慶應大学である。

 この試合も、基本的には3・4位決定戦という、モチベーション的には極めて低いいわば消化試合みたいなものであって、こうしたモチベーションの低い試合は慶應大学が弱い、というのが戦前の予想だったのだが、あにはからんや、慶應大学が先に先制タッチダウン(TD)をとってしまうから気合が入ってしまい、#18クォーターバック(QB)高木のパスが通るは通るは、完全に慶應大学ペースになってしまう。

Dsc_01022

 結局、中央大学の唯一のTDはデフェンス・コーナーバックの#22木村泰久の慶應のパス・インタセプト・タッチダウン(これって凄い逆転TD)のみ。なんか、去年の東京大学対京都大学戦を見ているみたい。

 基本的にはTDはオフェンスが取らなきゃだめでしょ。ところがそのオフェンス陣もいいところまでは攻めるのだが、決定力がないために得点には至らない。

Dsc_02442

 で、結局は慶應大学17対7(ま、ロースコアではあるな。慶應2TD、1FG/中央1TD)が勝利し、1部Bブロックは3位慶應、4位中央ということになったわけである。

 その後の、1部Aブロック1位法政大学と(ここまでは)2位早稲田大学の試合は39対0、1部Bブロック1位日本大学対明治大学は59対14ということで予想通りの結果に終わった。

 で、結局1部Aブロックからは法政、立教、早稲田、日体、1部Bブロックからは日大、明治、慶應、中央の8大学で、来年の1部上位リーグが形成され、1部下位リーグはAブロックから神大、東大、Bブロックからは横浜国大、専修となって、上智、一橋、国士舘、関東学院は入れ替え戦の結果次第ということになった。

 11月24日の「あずまボウル」は日大と法政という、まあ、戦前から予想されていた試合であって、両大学の関係者しか興味のない試合になってしまった。その後の東日本決定戦(12/1)なんてねえ、誰が見るの? ああ、日大と法政の関係者か。まあ、確かに両校の応援団って半端じゃないもんな。 日大のクラウドノイズとか……。

 こうした関東も上位8チームだけでリーグ戦を行えば関西リーグに勝てるという考え方が、当たるのかどうかはやってみないと分からないところではあるが、まあやってみる価値はあるだろう。

 でも、それで甲子園ボウルで関西リーグ優勝校に勝てるとは思えないけどね。

 なんか、関西と関東では底力が違うような気がするんだがなあ。

NIKON D7000 SIGMA 150-500mm @Yokohama Stadium (c)tsunoken

« 甲州街道高井戸宿本陣の看板発見! | トップページ | 堀江貴文『ゼロ』は「どろなわ式」の成功方式なのである »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/58550480

この記事へのトラックバック一覧です: 関東カレッジフットボール閉幕・タッチダウンしなきゃ勝てないでしょ:

« 甲州街道高井戸宿本陣の看板発見! | トップページ | 堀江貴文『ゼロ』は「どろなわ式」の成功方式なのである »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?