フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« クリス・ギレボー氏のメルマガ THE ART OF NON-CONFORMITY | トップページ | 半沢直樹‐ディレクターズカット版発売で「倍返しだっ!」 »

2013年11月 7日 (木)

石神井公園・三宝寺池でバードウォッチング(笑)

 普段はワイドレンズを使ってもっぱら町場でのスナップ写真がメインで、時々望遠でスポーツ写真(と言ってもアメリカンフットボールとラクロス、野球、牛の角突きだけ)をものするのがほとんどの私だが、せっかく150mm-500mmという超望遠ズームを手に入れたので、たまにはネイチャー・フォト(笑)でも、と考えて取り敢えず手近な石神井公園三宝寺池へ行ってきた。

 にわかバードウォッチャーの登場です(笑)。

R11971972

 石神井公園にはバード・サンクチュアリがあって、森の鳥を保護するための柵や、カワセミを保護するための池なんかがあって、結構鳥たちは大事に扱われている。

Dsc_00642

 とは言うものの、カワセミなんかはあまり姿を見せない。別に朝じゃないと姿を見せないというようなわけではなく、要はカワセミさんの気分でこの池に魚を取りに来る訳なので、いつ来るかはまったく分からない。

 カワセミ・ウォッチャーとして待ち構えている人に話を聞くと、今日はまだ3時間しか待っていないよ、ということで前日に撮影した画像を見せてくれた。確かに、待ってれば来るんだな。でも3時間ねぇ。取り敢えず初心者としてはそこまでの心の準備は出来ていない。

 よーし、今度はカワセミさんと根競べをしてみようかな。

Dsc_00762

 一方、カモなんかは今が飛来シーズンということもあって、いくらでも撮らせてくれる。

Dsc_00482

 こんなサービス・カットもお手のものである。

 と言っても、実は三宝寺池はカモにとってはお気に入りの場所と見えて、ここに住み着いてしまって、夏になってもシベリアに帰らないカモもいる。つまり一年中カモが見られたりしているのである。つまり、ここ三宝寺池では一番普通に見られる水鳥がカモなのである。確かに、ここなら他の動物や人間からいじめられないものなあ。

 しかし本当に、お前らカモだなあ。

Dsc_00352

 水にプカプカ浮いて魚を探している水鳥に比べると、森の鳥は声はすれども姿は見えず、ほんにお前は屁のようだ、という具合に森の葉陰に隠れて写真に撮れない。

 唯一撮れたのが、このヒヨドリ。

Dsc_00092

 で、本日の収穫がこのカワウ。これはちょっと珍しい……、えっ? 別に珍しくはないって? まあ、初心者のにわかバードウォッチャー(笑)の言うことですから、大目に見てくださいな。

 う~ん、タマにはネイチャー・フォト(笑)もいいなあ。

一番上はRICHO GRDⅢ、その他はNIKON D7000 SIGMA 150-500mm @Shakujii Koen (c)tsunoken

« クリス・ギレボー氏のメルマガ THE ART OF NON-CONFORMITY | トップページ | 半沢直樹‐ディレクターズカット版発売で「倍返しだっ!」 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/58493797

この記事へのトラックバック一覧です: 石神井公園・三宝寺池でバードウォッチング(笑):

« クリス・ギレボー氏のメルマガ THE ART OF NON-CONFORMITY | トップページ | 半沢直樹‐ディレクターズカット版発売で「倍返しだっ!」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?