フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 仲秋の名月 | トップページ | ミッチ・ドブロウナーという若い写真家を発見(っていうほど大袈裟じゃないけど) »

2013年9月20日 (金)

東都大学野球開幕! 中央大先勝!

 その前日、東京六大学野球、立教大vs.慶應義塾大で、まさかまさかの「振り逃げ逆転サヨナラ」というとんでもない結末を見せた神宮球場で、やっと東都大学野球がスタートした。まあ、立教大学も立教大学らしい「詰めの甘さ」ということなんだけどね。

2013_09_18_46582 ショックのあまり泣き崩れる、立教大学の捕手・平本。

 ラクロス、アメリカンフットボールと順次開幕した秋の関東大学リーグ戦の掉尾を飾る東都大学野球開幕である。

 なにしろ、台風と六大学が第3戦までもつれこんで3日も開幕がズレ込んだ東都大学野球1部リーグ戦である。さぞかし、「可愛い! 應援團長」もシビレを切らして待ってただろう(って、勝手に思っている)。

 で、中央大学対拓殖大学戦である。実はもう既に東都も第2節に入っているんだけどね。中央大学は初試合ってなもんで、行ってきました。

2013_09_19_47122 中央大学の先発投手は当然、島袋。

 島袋は好投するもなかなか味方が打ってくれないといういつものパターンで試合が始まる。

 2回裏には拓殖大学に1点を先取され、中央大学は6回まで1安打に抑えられるという、なんかなあ、今季もそうなのかという貧打線。一方、拓殖大学は打線好調で、追加点には結びつかないものの、島袋毎回ピーンチ!

2013_09_19_48142 で、堪らず6回表の攻撃前、「可愛い! 應援團長」、本城亜利架さんが、いつもはやらない「学生注目!」に立つ。

「がくせい、ちゅーもーく。久々の学生注目に立ってみれば、何だ、中大負けてるじゃないか! どうした野球部!」と「喝」を入れると、やかんの水をアタマからザンブリ!

2013_09_19_48152_2

2013_09_19_48692 この「喝」が功を奏したか、中大7回表の攻撃は福田三塁打、小川ヒットで同点。その後、二十八(「つちや」と読む)2点ホームラン! で逆転。3対1とする。

 そうなると、今度は逆に拓殖大学があたかも「蛇に睨まれた蛙」という状態になって、好投島袋の前に凡打、三振の山を築き始める。この辺が、春シーズン2部で優勝し1部に昇格してきたばかりの拓殖大学と、ずっと1部で戦ってきた中央大学との「格の差」というものなのだろうか、8回も得点には結びつかないが中央打線爆発という感じで、拓殖大学も投手をつぎ込むがイマイチ。

2013_09_19_49602 9回表には、羽山二塁打、東バントで羽山3進、松田凡退の後、この日あまり目立った活躍を見せていなかった影山がダメ押しの2点ホームラン! 勝ちを確実なものにする。

 とは言うものの、前日「振り逃げ逆転サヨナラ」というトンでもない結末を見ている神宮球場である。そうそう安心はできないでしょう。が、まあ5対1と4点差である。多少は安心しながら見ていると、拓殖大学のネバりもそこまで、アッサリと中央大学の勝ちが決まった。

 こんなに安心して見ていられる中央大学の試合は、私としては初めてであり、今季はこんな試合ばかりだといいのだがなあ。まあ、中央大学対拓殖大学だって、今日の試合も中央大学が勝たないと勝ち点はつかないんだけどね。

 取り敢えず、1勝目。

Nikon D7000 AF-S Nikkor 55-300mm @Jingu Stadium (c)tsunoken

« 仲秋の名月 | トップページ | ミッチ・ドブロウナーという若い写真家を発見(っていうほど大袈裟じゃないけど) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/58221731

この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球開幕! 中央大先勝!:

« 仲秋の名月 | トップページ | ミッチ・ドブロウナーという若い写真家を発見(っていうほど大袈裟じゃないけど) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?