フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ナウシカのメーヴェはジェットエンジンで空を飛ぶ | トップページ | 『東京は郊外から消えていく!』なら消えていけばいいのである »

2013年8月15日 (木)

こちらは「なつのロケット団」だ!

 きのう紹介した3331 ARTS CHIYODAの「Open Sky 3.0」と同時開催されていたのが「すすめ! なつのロケット団」である。

「なつのロケット団」というのは科学まんが家あさりよしとう氏描くところのマンガのタイトルなんだが、実は堀江貴文氏(仮釈放おめでとう!)の経営するSNS株式会社がスポンサーになって、実際に民間でロケットビジネスを立ち上げてしまおう、人工衛星をあげてしまおうというプロジェクトのタイトルでもある。

 まさしく規制緩和派の堀江氏ならではの発想ではあるのだが、しかし、JAXAあたりでやっている実験の数分の一位の予算で実はロケットなんてできちゃうよ。おまけに材料はそこらのホームセンターで入手可能なものだけでOKなんだ、というところがスゴい!

2013_08_11_05952

 なんか萌え要素のある展示がいかにも漫画家の発想ですね。

2013_08_11_06092

 で、「すすめ! なつのロケット団」の展示が。勿論、あさりよしとう氏もなつのロケット団のメンバーです。

2013_08_11_06012

 こうしたロケットエンジンも普通に変える材料だけでできるのである。燃料もエタノールとか過酸化水素とか普通に手に入るものだけ。ただし、これらを制御する調整弁なんかが難しいのですね。彼らもかなりその辺で失敗を重ねている。

2013_08_11_06032

 2017年には人工衛星を円周軌道に乗せ、2019年からはいよいよビジネス化させようというのだから、もうすぐである。

2013_08_11_06052

2013_08_11_06112

 2013年8月10日には彼らのロケットすすかぜが到達高度6535メートル、最大時速マッハ1.12までだして、順次実験は成功しつつある。勿論、失敗も多々ある。

SNS株式会社の公式サイトはコチラ。いろいろなロケット実験の映像もタップリある。

Fujifilm X10 @Akihabara, Chiyoda (c)tsunoken

« ナウシカのメーヴェはジェットエンジンで空を飛ぶ | トップページ | 『東京は郊外から消えていく!』なら消えていけばいいのである »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57976096

この記事へのトラックバック一覧です: こちらは「なつのロケット団」だ!:

« ナウシカのメーヴェはジェットエンジンで空を飛ぶ | トップページ | 『東京は郊外から消えていく!』なら消えていけばいいのである »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?