フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 夏の風物詩のはじまりは、まず恐れ入谷の鬼子母神「朝顔市」から | トップページ | 『「自分はこんなもんじゃない」の心理』を持ってる若者たちは、残念ながら本を読まない若者たちなのだ »

2013年7月 8日 (月)

夏の風物詩、その2:高校球児の夏

 恐れ入谷の鬼子母神、の次は神宮球場である。

 一昨日から夏の高校野球選手権、東・西東京大会が始まっているのである。勿論、大田球場や立川市民球場なんてローカル球場で行われる試合が多いのだが、ここ神宮球場でも開会式の後の試合と2日目までは試合が行われるのである。初めから神宮で試合ができるラッキーなチームは5試合、10校だけ。

 で、大会2日目第4試合、開成高校対城北高校戦を観戦しに行った。開成高校は昨年は4回戦まで出場という「くじ運」に恵まれたチーム。城北高校は昨年2回戦、一昨年3回戦までという、まあそこそこのチームなので「もしかするともしかする」という可能性を、お互い秘めているチーム同士の対戦である。

2013_07_07_85692

 まあ、しかし城北高校というのも開成高校に負けず劣らず「拙守」のチームらしく、初めからエラーエラーの連続で、開成も結構得点チャンスには恵まれる。開成高校も青木監督の指導方針で、とにかく打撃、打撃、打撃、守備はあまり気にしない、というチームでよく打つのであるが、しかし、得点に結びつかないまま試合は中盤を迎える。

2013_07_07_86832

 う~む、開成生の頭脳にデッドボールを与えるという、かなり蛮勇な行為。プロなら危険球でピッチャー即退場という場面もあったのだが、高校野球は危険球はなし、バッターも臨時代走という形で少し休ませるという方法でいるのであるが、肝心のその臨時代走が「させられてしまった」2盗でアウトになちゃったりして。

2013_07_07_86992

 城北高校4点リードで迎えた6回表、ライト多田の放ったタイムリー2塁打で、2塁ランナー谷野が生還して、開成高校待望の初得点。

2013_07_07_87392

 とは言うものの、その後も城北高校が得点を重ね、8回裏に8点目を献上してコールドゲーム。

 残念ながら、今年は開成高校初戦突破はならず、ということで開成球児の夏は終わった。まあ、今年は初戦神宮というところで運を使い果たしちゃったのかな。

2013_07_07_87442

 で、この後開成高校の3年生は、スッキリ頭を切り替えて受験勉強である。野球強豪校は夏の大会が3年生最後の戦いだが、そう、進学校はもう一度戦う場面があるんだよな。

 来春、頑張ってね!

Nikon D7000 55-300mm @Jingu Stadium, Shibuya (c)tsunoken

« 夏の風物詩のはじまりは、まず恐れ入谷の鬼子母神「朝顔市」から | トップページ | 『「自分はこんなもんじゃない」の心理』を持ってる若者たちは、残念ながら本を読まない若者たちなのだ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57745045

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の風物詩、その2:高校球児の夏:

« 夏の風物詩のはじまりは、まず恐れ入谷の鬼子母神「朝顔市」から | トップページ | 『「自分はこんなもんじゃない」の心理』を持ってる若者たちは、残念ながら本を読まない若者たちなのだ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?