フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 関東カレッジフットボール春日程終了 | トップページ | 『キャリアポルノは人生の無駄だ』という本も人生の無駄なのではないのか? »

2013年7月 2日 (火)

ワイドレンズを仕入れに東松山まで出かける

 ツール・ド・フランス第2ステージはチーム・ユーロップカーの新城幸也がステージ12位、総合33位という好位置に付けており、第3ステージの活躍が期待できる。

 なんてこととは関係なく……。

 昨日はオリンパス・ペンFT用のワイドレズを仕入れに埼玉県東松山市まで行ってきた。

Img0322

 なんで東松山? という疑問を持つ向きは多いと思う。普通、カメラの機材なら銀座か新宿、中野あたりでしょというのが正解なのだが、これにはわけがある。実は「オリンパス・ペン 広角レンズ」でググッてみたら「プレミアム・ギア」というカメラ屋さんが出てきたのだ。このお店、基本的にはトイカメラなんかを主に扱っている店なのだが、オリンパス・ペンは勿論、リコー・オートハーフとかキャノン・ダイヤル、キャノン・デミなんかのハーフサイズ・カメラの完動品(メンテナンス済商品)を大量に在庫している店なのだ。そのお店が東松山市の郊外にあるというのを発見したわけなのだ。

 私のオリンパス・ペンFTは新宿のMAP CAMERAというところで買ったのだが、そこには標準の38mmレンズしか在庫がなく、やむなく標準レンズで撮影していたのだが、私の感覚ではどうも標準レンズはどこか望遠系レンズのような気がして、なんか隔靴掻痒の感じが否めない。普段28mmという広角レンズを標準使用しているので、それからすると50mmの標準レンズというのはかなりの望遠ということになってしまう。そこで、どこかオリンパス・ペン用の広角レンズを在庫している店はないだろうか、というところでたどり着いたのがプレミアム・ギアだったのである。

 で、住所を調べて、グーグル・マップでプリントアウトして行ってきました、東松山。東武東上線で池袋から小一時間、結構遠いですね。

 で、駅から淡々と国道407号線のすぐそばまで歩いて行ったのだが、見つからない。住所で辿ってもどこにも店はないのだ。住所はあってる、マンションの名前もあってる。でも、見つからない。なんだはるばる東松山まで来て骨折り損のくたびれ儲けかと思い、重い足を引きずって東松山の駅前まで戻って来た。

 で、駅前に「大正堂写真」というカメラ屋さんがあったので、別に期待もせずにショウ・ウインドウを覗いてみた。まあ東松山という田舎だし、普通のカメラ屋さん風のお店なのであまり期待せずに……。と、そこにはなぜかオリンパス・ペンFTがあるじゃないですか。ただし、「要調整」という断り書き付きで。「むむっ、この写真屋さん。なかなかやるな。」という感じでショウ・ウインドウを見渡せば、基本的にアナログ・カメラばかり。これは期待大ですよ。

 ということで、思わず店の中に入ったと思いねえ。あるはあるは、そこは東松山とは思えない、まるで銀座のカメラ屋さんにでも迷い込んだと思わせる国産アナログ・カメラの集積場なのでありました。で、店の中を見渡せば、ありましたオリンパス・ペンFやFTが、あっ、ユージン・スミスが本の表紙で使っている「黒のオリンパス・ペンFT」もあるぞ。思わずMAP CAMERAに今のオリンパス・ペンFTを返品して、この黒のペンFTを買っちゃおうかななんてことまで考えた。そして当然のようにズイコー・ワイドレンズが! 早速、Eズイコー25mm/F4を試しに持って行ったオリンパス・ペンFTに装着させてもらってファインダーを覗いてみると、なかなかイイ。ちょうど35mmフィルム換算で35mmレンズの雰囲気なのである。同じ焦点距離でGズイコーF2.8もあったが、昔のISO100が基本の時代だったらF2.8は欲しいところだが、今はISO400がデフォルトなのでF4で十分撮影はできる。

 ということで、早々に購入を決めてクレジットカードを出した。

 店のご主人は大正堂のサイトを見て来たのかと思ったようで、そんなことを聞いてきたのだが、私がプレミアム・ギアを訪ねてきたと言ったら、「ああ、あそこはお店はなくて、事務所だけで基本的に通販専門なんですよ」だそうである。

 やっぱり事前に電話などで確認してからじゃないとマズいな、と思ったものの、目的のオリンパス・ペンFT用のワイドレンズの仕入れには成功したので、もはや大満足である。

 スゴいぞ! 大正堂写真!

 ということで、大正堂写真のサイトはコチラ。在庫も豊富な店であるし、東松山市内でいくつか写真スタジオも展開しているナカナカの店なのであった。

 プレミアム・ギアのサイトはコチラ。こちらもトイカメラやハーフサイズのカメラは充実。ただし、通販のみである。

 で、早速Eズイコー 25mm/F4で撮影した大正堂写真が下の写真である。

Img0302 なかなかいい味出してるでしょ

 ところで、最初「地図は北が上」という基本を忘れて東松山駅の反対側に出てしまった。しかし、それはそれで新しい発見もあり、それが箭弓稲荷神社(やきゅういなりじんじゃ)である。別に「やきゅういなり」ではあるが野球の神様ではない。五穀豊穣、商売繁昌、家内安全の神様である。知恵の輪くぐりではなく、茅の輪くぐりのある、なかなか立派な神社であった。境内には宇迦之魂社(團十郎稲荷・穴宮)というのがあって、芸道向上の神様だそうである。私の写真術の向上を願ってお賽銭を入れさせていただいたことは、言うまでもない。

Img0092

Img0102

OLYMPUS-PEN FT E.Zuiko Auto-W 25mm/F4, F.Zuiko Auto-S 38mm/F1.8 Solaris FG Plus 400 @Higashimatsuyama (c)tsunoken

« 関東カレッジフットボール春日程終了 | トップページ | 『キャリアポルノは人生の無駄だ』という本も人生の無駄なのではないのか? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57704327

この記事へのトラックバック一覧です: ワイドレンズを仕入れに東松山まで出かける:

« 関東カレッジフットボール春日程終了 | トップページ | 『キャリアポルノは人生の無駄だ』という本も人生の無駄なのではないのか? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?