フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『コンビニの戦士たち』の予定調和について | トップページ | 『ユージン・スミス』というよりはアイリーン・スミスへの問いかけなのだ »

2013年6月 6日 (木)

『なぜ? どうして? 算数のお話』を読んで自分のアタマで考えよう

 なぜこんな小学生向けの算数の本なんかを買ったのか? いや別に大した理由はなくて、表紙と中のイラストを、サラリーマン時代にお世話になっていたイラストレーターでデザイナーの佐川かすみさんが描いているから、というだけなんだけれども。

2013_06_02_5442_edited1『なぜ? どうして? 算数のお話』(田中博史監修・算数のお話編集委員会編著/学研教育出版/2013年6月9日刊)

 しかし、小学生向けとはいえ、大人が読んでも面白い本なのであった。

 なにしろ、もう算数や数学なんてほとんど忘れている状態だもんなあ。

 で、内容を目次から細かく紹介。

算数のはじまりのお話
数字がなかった時代どうやって数を数えたの?/数字はなぜできたの?/算用数字と「0」はいつできたの?/どうして0よりも小さな数字があるの?/円周率には終わりがないって本当?/算数の計算に使う記号はなぜできたの?

算数の知識①大きな数の単位、小さな数の単位

数と計算のお話
十進法ってどんな数え方なの?/引き算でものを数えることはできるの?/紙をおっていけば月に届くって本当?/人の一生の時間は長いの? 短いの?/たし算をすばやく計算する方法はないの?/何万人もの人出をどうして数えられるの?

算数の知識②かけ算ピラミッド

量と測定のお話
なぜ一年の長さは三百六十五日なの?/どうして一日は二十四時間なの?/長さを測るときなぜメートルを使うの?/マラソンの距離はどうやって測るの?/体重計のない時代ゾウの重さをなぜ測れたの?

算数の知識③たった四つの分銅で何gまで量れるの?

算数の面白い話
なぜアキレスはカメに追いつけないの?/ミロのビーナスはどうして美しいの?/テスト用紙はなぜ半分に切っても同じ形になるの?/不思議な数の並びがあるって本当?/なぜマンホールのふたは円いの?/なぜ一筆書きではできるものとできないものがあるの?

算数の知識④昔の計算機そろばんのはじまり

数学者のお話
お風呂で大発見をした偉大な数学者 アルキメデス/新分野を開いた最大の数学者の一人 ガウス/数学、物理、思想の分野に才能を発揮した パスカル/現在のコンピュータの生みの親 ノイマン/日本の数学「和算」を発展させた 関孝和

算数の知識⑤解けるまで三百五十年! フェルマーの最終定理

 という内容。

 なかなか、「あれっ? これはどうだったかな?」というようなことがあるでしょ。

 ただし、「長さを測るときなぜメートルを使うの?」でフランスの「ピエ」、古代エジプトの「キュービット」、イギリスやアメリカで使っている「ヤード」「フィート」などの紹介はあるが、フランスで1889年に行われた国際度量衡総会で「メートル法」が世界共通の単位となったことは触れているものの、いまだに「ヤード・ポンド法」を使っていながら「グローバル・スタンダード」をもう一方で主張しているアメリカ、イギリスという国の傲慢さを示さないのは、まあ、小学生向けの内容だからしょうがないのだろう。私なんかだったら、まず最初に嫌味でそのことを言うんだろうけどね。

 しかし、円周率の話とか、アキレスとカメのパラドックスとか、ケーニヒスベルグの橋なんかの話を小学生がどうやって理解するのか。あるいは意外と概念だけは理解できるのかな。フェルマーの最終定理はさすがに内容までは書いていないが、それは当然だよな。ただし、最後の「監修のことば」に少しだけ書いてあるけど。

 問題はこの「監修のことば」にも書いてあるが『本書を手にした読者の皆さんにも、それぞれのお話のタイトルを読んだら、まず一度自分で考えてみて、それから読んでみるとお話の面白さが二倍になると思います』という言葉。なんかこんなところにまで「自分で考えよう」ということを言わなければならないほど、我々は自分のアタマで考えない人間になってしまったのか。

 そりゃあ日本の経済もダメになるわけだなあ。そんな自分のアタマで考えない人ばっかりになってしまってはねえ。

 ということで、『なぜ? どうして? 算数のお話』を読んで自分のアタマで考えよう! ということで、本日の「オチ」としたいのだが、オチているのだろうか。

『なぜ? どうして? 算数のお話』(田中博史監修・算数のお話編集委員会編著/学研教育出版/2013年6月9日刊)

« 『コンビニの戦士たち』の予定調和について | トップページ | 『ユージン・スミス』というよりはアイリーン・スミスへの問いかけなのだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57508788

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ? どうして? 算数のお話』を読んで自分のアタマで考えよう:

« 『コンビニの戦士たち』の予定調和について | トップページ | 『ユージン・スミス』というよりはアイリーン・スミスへの問いかけなのだ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?