フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 横須賀市の『街の記憶』とはなんだろう | トップページ | 厚木基地を往く »

2013年6月 9日 (日)

金町を歩いて、結局は帝釈天かい……いやいや、そこから先も

 京成金町線は京成高砂駅と柴又駅、京成金町駅という三つの駅をつなぐローカル単線電車である。

2013_05_17_40042

 とは言うものの、京成本線・JR常磐線と柴又帝釈天をつなぐ路線として、なかなかに乗客の多い路線なのである。

 いつもは京成高砂駅で乗り換えて帝釈天に行くのであるが、今回はJR常磐線金町駅で降車し、京成金町線沿いに帝釈天を過ぎて、京成小岩駅まで歩く。

2013_05_17_40062

2013_05_17_40072

 京成金町駅から踏切を渡った先は小さな商店街というか飲み屋街になっていて、居酒屋やバーなどがあり夜は結構楽しいところのようだ。が、まあ南口商店街ほどの賑やかさはない。まあ、そこがいいんだけれどもね。今度、夜に来てみよう。

 ここから柴又帝釈天までは柴又街道と京成金町線が並行して走っていて、その昔「日本一まずい水」と言われた(今はそんなことはない)金町浄水場脇を通って、帝釈天に至るわけですな。

2013_05_17_40332

 帝釈天まで至ればそこはそれ、お約束の「ウナギかば焼きで一杯」になってしまうのではあるが、今日は(っていつだ?)もうちょっと歩くのである。ということで、ここから先は酩酊通りになってしまう。

2013_05_17_41022

 京成小岩駅まで歩いてみれば、「上小岩遺跡通り」なんてのもあって、そこか先への興味もわいてくるが、まあちょっとヘロヘロみたいな感じもあり、これにて今日の徒歩終了。

 う~ん、柴又街道を歩いてどうなのよ、と問われてみれば、「別に」としか答えられない浅薄さは否めない。もうちょっと勉強してから出直そう。

Fujifilm X10 @Kanamachi, Katsushika (c)tsunoken

 

« 横須賀市の『街の記憶』とはなんだろう | トップページ | 厚木基地を往く »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57547384

この記事へのトラックバック一覧です: 金町を歩いて、結局は帝釈天かい……いやいや、そこから先も:

« 横須賀市の『街の記憶』とはなんだろう | トップページ | 厚木基地を往く »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?