フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 屏山文物徑(ピンサン・ヘリテイジ・トレイル)を巡る | トップページ | 九龍と香港では歩く人が違う »

2013年6月20日 (木)

「どこの国も女の子は元気だ」という話

 屏山(ピンサン)を訪ねた後は、もともと屏山もそこに属する香港の郊外「新界(ニューテリトリー)」の中心である元朗(ユンロウ)へ行く。というか、屏山文物徑(ピンサン・ヘリテイジ・ロード)を抜けると元朗行きの軽鉄(トラム)の駅があるので、ちょっと乗ると元朗の街へ着くのだ。

2013_06_18_0113_edited1元朗の駅前。手前のトラムの路線と左のMTR西鉄線元朗駅。

 元朗駅前は、ここがあの山の中なのかというくらい、整然として高層マンションが立ち並ぶ様相なのだ ……………が。

2013_06_18_0101_edited1 

 ところが、駅前からトラムで2駅程進むともうそこはいつもの香港、いつもの九龍かと思えるほどのカオティックな街が展開している。

 これが、あの山に囲まれた緑の街なのか? 完全に下町の雰囲気ではないか、と。

2013_06_18_0105_edited1

 香港の人ってすごいですね。どんなところに街を作っても、そこを「リトル・ホンコン」「リトル・カオルーン」にしちゃうんですね。そうじゃないと街に生活感が出ないと考えているのじゃないか。やはりこれは香港市民特有のDNAなんだろうな。

 街形の正解は香港にあり、ってことなのかもしれない。私もそんなカオスな街のほうが好きだな。まあ、これはアジア人特有なのかな。

2013_06_18_0108_edited1

 で、びっくりしたのがこの風景。なんか制服を着た(夏だから皆白っぽいワンピースね、可愛い)女子高生が沢山並んでいる。えっ、今日はウィークデイですよ。それも朝の11時頃。そんな時刻に高校生がこんなところにいていいのかよ、と考えてみたのだけれども、まあ今は期末試験の時期なのかもね。えっ、だったら家に帰って勉強しろよというのは、勝手な親の言い草であって……。 取り敢えず先頭を見つけなきゃってことで、ということでその列の先頭を見れば何のための行列なのかはわかる筈(って、皆気になりますよね)、ということでどんどん列を追い上げていったら、実はぐるっと回って1ブロックを一回りして結局表通りまで戻ってしまった。ひとブロックを占領する女子、女子、女子。まあ、アイスクリームを食べながら並んでいる子もいるから、周りの店も文句言わないのかな。

2013_06_18_0111_edited1

 で、見たらその先にあったのは「通利琴行 TOM LEE Music」という楽器屋さん。う~ん、たぶん楽器屋さんでこんなに女の子が並ぶはずがないんで、なにかイベントのチケットか、CDの発売日かと考えたのである。

 でアホなブログ氏としては当然「通利琴行 TOM LEE Music」を打ち込んでサイトを調べるわけです。でも、2013年6月18のイベントは「何も書いていない」。まあ、それはそうなんでしょうな。そんな「オヤジ」にわかるようなネタはないっていうもんじゃ。というのが女の子たちの共通項なのだろう。

 はたして、この「目的がわからないイベント」の理由は何だったのでしょうか? 皆様ももしわかるようだったらお教えください。

 しかし、香港の女の子たちも元気だねえ。

 MTRに乗ってると試験問題を説いている子もいるから、やはり香港も期末試験期間なのかなとも思うんだけど、それでも(多分)アイドルやそんな関係の歌手やタレントに憧れる女子はいっぱいいるんだろう。

 まあ、結局は世界中の女の子はみんな元気だということを知るべしということなのだろう。

 ここ香港でも街を歩いているのは女の子が目立つ。男どもはどこにいるんだ、ってのは東京も同じ風景である。

Fujifilm X10 @Yuen Long, Kawloon (c)tsunoken

« 屏山文物徑(ピンサン・ヘリテイジ・トレイル)を巡る | トップページ | 九龍と香港では歩く人が違う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57619358

この記事へのトラックバック一覧です: 「どこの国も女の子は元気だ」という話:

« 屏山文物徑(ピンサン・ヘリテイジ・トレイル)を巡る | トップページ | 九龍と香港では歩く人が違う »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?