フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『あなたも本を書いてみよう』はますますマーケティングツール化しているのだ | トップページ | 横須賀中央大通り »

2013年6月15日 (土)

横須賀ドブ板通り散歩カメラby OLYMPUS PEN FT

 6月7日のブログ「『ユージン・スミス』というよりはアイリーン・スミスへの問いかけなのだ」で書いた通り、ユージン・スミスの表紙に思わずオリンパスペンFTを買ってしまったので、早速、6月6日の横須賀行に持参した。

 その画像が以下の通りなのだが、オリンパスペンはハーフサイズのカメラなので、当然35mmフルサイズでのスキャンは以下の通りになる。

Img0042

 で、これは実は35mm映画のスタンダードサイズなのである。35mm映画用フィルムを使って、その2コマ分の大きさをスタンダードサイズにしたのがオスカー・バルナックのライカカメラだったわけだ。映画の方はいまはスタンダードなんてなくなってしまい、ビスタサイズなんかになると画面の上下に黒い部分が入ったワイドサイズになっている。まあ、それだけフィルムの粒状性が良くなったということなのだろう。

 が、映画の方はいまや多くの映画がデジタル化してしまい、フィルムなんて使わない。ま、これはスチールカメラも同じであるけれどもね。

 でも、たまにフィルムカメラで撮影するのもいいもんだ。

 ということで、横須賀はドブ板通りを撮影行。

Img0192

Img0242

Img0252

Img0322

 6月8日の「横須賀市の『街の記憶』とはなんだろう」で書いた通り、今やまったく剣呑な場所でなくなってしまったドブ板通りである。バーもほとんどないし、女子供が歩いていても何の危険もない街になってしまっている。

 もはや、森山大道氏が撮影したビルとビルの間を向こう側に逃げていく女の子なんて、どこを探してもいないのだ。

 勿論、それはいいことなんだけれども、何か物足りなさも感じているのは、やはり私が昭和26年生まれだからだろうか。

 OLYMPUS PEN FおよびFTに関して言うと、デジタル版のOLYMPUS PENが出てから、昔のフィルムカメラのOLYMPUS PENの人気が急上昇。とくに女性に人気が出てきているようで、品薄になってしまっているそうである。確かに、ペンタプリズム付きの一眼レフよりはなんかお洒落な感じのするOLYMPUS PEN Fである。

 なかなか女性の感性って凄いものだなあ。いやいや、良いことです。

OLYMPUS PEN FT F.Zuiko Auto-S 38mm/f1.8 700TX @Yokosuka (c)tsunoken

« 『あなたも本を書いてみよう』はますますマーケティングツール化しているのだ | トップページ | 横須賀中央大通り »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57582804

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀ドブ板通り散歩カメラby OLYMPUS PEN FT:

« 『あなたも本を書いてみよう』はますますマーケティングツール化しているのだ | トップページ | 横須賀中央大通り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?