フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『仁淀川遡行』 | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 総合順位はNIPPO内で順位変動 西薗は6位に残る »

2013年5月24日 (金)

西巣鴨・大正大学に新パワースポット、オープン

 都電荒川線庚申塚駅を下りると、荒川線と交差して走っているのが庚申塚商栄会という商店街がある昔の中山道(庚申塚通り)だ。

2013_05_21_48422

2013_05_21_48472

 この旧中山道はもっと南下すると正式名称・曹洞宗萬頂山高岩寺、通称とげぬき地蔵と呼ばれるお寺があって、その参道は「おばあちゃんの原宿」という異名を名乗るとげぬき地蔵商店街として、4日14日24日の縁日ばかりでなく普段でも多くの人出を数える都内有数の商店街がある。

 しかし、そこを北上して大塚駅北口から西ヶ原へ走る折戸通りとの交差点を過ぎ、庚申塚通りに入ると、途端に人通りが少なくなってしまう。

 そんな地元の「もっと人出を」という悩みに立ち上がったのが、ここ西巣鴨に本拠地をおく大正大学である。

 大正大学は大正15年、それまでの天台宗大学、真言宗新義派大学林(真言宗智山派・豊山派)、宗教大学(浄土宗)を統合して設立された大学で、いかにもそんな宗教をベースにした大学らしく落ち着いた雰囲気の学校である。

 その大正大学が「新力所(ニュー・パワースポット)」として「すがも鴨台観音堂(すがもおうだいかんのんどう/通称:さざえ堂)」という仏教施設を学内に作り、同時に庚申塚通りから大学に入りさざえ堂を拝めるように、明治通り側の正門だけでなく、西門をオープンしたのだ。

2013_05_21_48582

2013_05_21_48712

 正面と裏側の入口から入り、二重螺旋になった階段に合わせて屋根を作り、外からは五重塔のように見えるが、その螺旋状の佇まいから「さざえ堂」と名付けられたのだろう。

 両方の階段から上にあがると観音様が祀られているので、皆、観音様にお賽銭を置いていくのである。賽銭箱はないけれども……。

 大正大学としては大学と地域の架け橋になればという思いで、一方地域の商店街としては、この鴨台観音堂が観光名所にでもなって、町に人が来てくれて、それこそ庚申塚通りが「おばあちゃんの裏原宿」にでもなってくれれば、という思いで5月18日のオープニング・セレモニーを迎えたのであった。

 果たしてその願いは通じるのであろうか。

 で、もうひとつ東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街すがも店」も同じ日、大正大学のすぐそばの庚申塚通りにオープンした。

 被災地支援でつながりのできた大正大学に運営を委託し、特産品や復興祈念グッズなどを販売する。お店は毎週、金土日と祝祭日のみのオープンということで、「さざえ堂」を見学に訪れた後には「南三陸さんさん商店街すがも店」へどうぞ。

2013_05_21_48792

Nikon D7000 AF-S Nikkor 10-24mm @Nishi-Sugamo, Toshima (c)tsunoken

« 『仁淀川遡行』 | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 総合順位はNIPPO内で順位変動 西薗は6位に残る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57430557

この記事へのトラックバック一覧です: 西巣鴨・大正大学に新パワースポット、オープン:

« 『仁淀川遡行』 | トップページ | ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 総合順位はNIPPO内で順位変動 西薗は6位に残る »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?