フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 西巣鴨・大正大学に新パワースポット、オープン | トップページ | 『 なぜフランスでは子供が増えるのか』ってねえ。そりゃセックスの回数が多いからねえ、っていう問題じゃないそうだ »

2013年5月24日 (金)

ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 総合順位はNIPPO内で順位変動 西薗は6位に残る

 ツアー・オブ・ジャパンはお休みを1日挟み、今日は富士山ステージ。ふじあざみライン11.4kmのヒルクライム・レースだ。

 元々は一人一人別々に走る山岳タイムトライアルだったのだが、昨年から第1ステージがタイムトライアルになったので、この富士山ステージはマスド・スタート(集団スタート)の、日本でもよく行われているヒルクライム・レースになった。平均勾配10%、最大勾配22%というかなり急勾配のレースである。

 ステージ優勝はヒューモンサーモン・ジェネシスウェルス・アドヴァイザーズ(オーストラリアUCIプロコンチネンタル)に所属するオーストラリア人、ディバル・ベンジャミン。日本人選手は8位に宇都宮ブリッツエンの飯野智行、更に11位には西薗良太が食い込んでいる。

 総合1位は前ステージまでのトップチームNIPPOのジュリアン・デヴィッド・アレドンド・モレノに代わって、同じNIPPOのフォルトゥナート・バリアーニとなり、モレノが1分08秒遅れで2位につけている。6位には3分48秒遅れで西薗良太が相変わらず上位に付けている。残りの伊豆ステージ、東京ステージの展開が楽しみだ。

 その他、ポイント賞はヴィーニファンターニ・セッレイタリアのピエルパオロ・デ・ネグリと、KSPOのパク・サンペグが25ポイントでトップ。山岳賞はランプレのデヴィッド・ヴィガノが19ポイント。新人賞はジュリアン・デヴィッド・アレドンド・モレノ。

 明日は伊豆ステージ。大きな上りはないが、細かくアップダウンを繰り返すハードなコースだ。ここでほとんど総合優勝は決してしまう。こうなるとチームNIPPOが断然有利だ。

 

« 西巣鴨・大正大学に新パワースポット、オープン | トップページ | 『 なぜフランスでは子供が増えるのか』ってねえ。そりゃセックスの回数が多いからねえ、っていう問題じゃないそうだ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57449716

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 総合順位はNIPPO内で順位変動 西薗は6位に残る:

« 西巣鴨・大正大学に新パワースポット、オープン | トップページ | 『 なぜフランスでは子供が増えるのか』ってねえ。そりゃセックスの回数が多いからねえ、っていう問題じゃないそうだ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?