フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『不要家族』に「扶養」される家族って? | トップページ | 十三にて「ねぎ焼き」を食す 大阪こぼれ話 »

2013年5月20日 (月)

ツアー・オブ・ジャパン開幕、第1ステージは西谷が優勝!

 自転車界では昨日、第15ステージを戦ったジロ・デ・イタリアの話題で持ち切りで、ヴンチェンツィオ・ニーバリ(アスタナ)がどこまでマリア・ローザを持ち続けることが出来るかが話題の的だが、いえいえ、この日本でもステージ・レースがスタートしたのです。

 そう、今年からUCIによるレースのクラス認定が「2.1」にアップし、UCIプロチームが参加できるようになった<日本的ステージ・レース>「ツアー・オブ・ジャパン」が大阪府堺市から開幕になったのである。

2013_05_19_44972実際のレースは、取り敢えず「国際クリテリウム」という、宇都宮のジャパン・カップでもお馴染みの短いレースで顔見世的に始まり。

2013_05_19_45642「お約束」市民レースが二つほどあって、いよいよツアー・オブ・ジャパンの開始である。

 場所は仁徳天皇陵の前にある堺市大仙の大仙公園を周回するコース。っていうか、仁徳天皇陵っていうのが物凄く広くて、おまけにその周辺にたくさんの墳墓を抱えていて、その中にあるのが大仙公園という訳で、そんな意味で日本を代表する自転車レース(にしたい日本自転車連盟としては)のスタート場所として、この地を選定したのかも知れない。

 勿論、世界を代表する自転車パーツのメーカーであるシマノの本拠地であるというのも、考慮の一つには入っているんだろうけれども。一方、自転車パーツの雄カンパニョーロはヴィチェンツァという田舎町でスタートしたもんだから、あまり自転車レースの場所としては有名じゃない。まあ、さすがに堺の刀鍛冶であり鉄砲鍛冶だったわけであるな。

 
 今回のツアー・オブ・ジャパンの第1ステージはタイムトライアル。ツール・ド・フランスなんかでお馴染みの、出場選手を一人一人紹介するためのプロローグ(顔見世興行)である。今年はしっかりスタート台も用意して、なんか気分だけはグランツールのよう。スターターがデブのオッサンじゃないってところがグランツールとはちょっと違う。まあ、いずれは日本自転車連盟あたりのオッサンがスターターを務めるようになるんだろうけれども、取り敢えずは女の子のスターターってのもいいじゃないか。

 で、今回特筆すべきはこの第1ステージ・タイムトライアルを制したのが、愛三工業レーシングチームの西谷泰治選手だったってこと。

2013_05_19_46202西谷選手のスタート。

 96人中の24番目のスタート(&ゴール)だったので、73人分(約2時間)位は暫定1位の椅子に座って待っていたわけだな。でも2位とは4秒差だから、すぐになくなっちゃうんだろうけど。

2013_05_19_46572日本のタイムトライアル・チャンピオンである東大卒の西薗良太選手は、一昨年はシマノ、昨年はブリジストン・アンカーだったのだが、今年からは中国のチャンピオン・システム・プロサイクリングチームというところに所属している。ただし、昨年の日本のタイムトライアル・チャンピオンであるから、他のチームメイトとは異なる日本のチャンピオン・ジャージーを着ている。

 結果は、それでも13位の、トップの西谷からは9秒遅れだから、まだまだトップを狙える状況にある。

 それでもやはり雨の堺市である。

 日本の舗装状況はイタリアとは違ってあまり滑らない(雨のジロではどんどんツルッと落車している)というが、しかしやはり雨が降れば道は滑る。特にロードレーサーの細いスリックタイヤでは結構簡単にコーナーでコケチャうのでありまして、そんな選手もままいたということであります。

2013_05_19_47202こけてジャージーやパンツもボロボロだね。

 ということで、昨日開幕したツアー・オブ・ジャパン。5/21美濃、5/22南信州(飯田)、5/24富士山(富士アザミライン・ヒルクライム)、5/25伊豆(日本サイクルスポーツセンター)ときて最終ステージ、5/26東京(日比谷~大井)まで戦いは続くのである。

 多分、今回クラス「2.1」になった関係で招待されたランプレというUCIプロチームがだまっている訳にはいかないだろう。なにせ、ジロ・デ・イタリアで優勝したチームですよ(まあ、1軍は今ジロに出ているので、日本に来ているチームは2軍か3軍だろうけれども)。ダミアーノ・クネゴがいたチームですよ。個人的にはこのランプレ・メリダかオーストラリアのドラパックが優勝するような気がするのだが。大勢を決するのは平均勾配10%、最大勾配22%という、5/24富士山ステージになる。

 次回は多分、東京ステージの模様をお送りします。

 来年は全ステージ、追っかけをしちゃおうかな。

Nikon D7000 AF-S Nikkor 70-300mm @Daisen Park, Sakai (c)tsunoken

« 『不要家族』に「扶養」される家族って? | トップページ | 十三にて「ねぎ焼き」を食す 大阪こぼれ話 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57419194

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー・オブ・ジャパン開幕、第1ステージは西谷が優勝!:

« 『不要家族』に「扶養」される家族って? | トップページ | 十三にて「ねぎ焼き」を食す 大阪こぼれ話 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?