フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』はこれまでの言っていることとは180度ちがうけどね | トップページ | 稲取漁港・散歩カメラ by LEICA M3 ② 朝市編 »

2013年4月21日 (日)

稲取漁港・散歩カメラ by LEICA M3 ① 港町編

 4月13日、14日は学生時代の悪友と4人で伊豆は稲取温泉まで行ってきた。今日と明日、明後日はその時にライカM3で撮ったスナップをUP。

Img027minato

Img018fune

Img033nakamura

Img023dousojin

Img015_hina

 稲取といえば金目鯛と雛のつるし飾りで有名な場所である。

 残念ながら「雛のつるし飾りまつり」は3月31日までで終了してしまったので見られなかったが、町を歩いているとそこここに「雛のつるし飾り」が飾られているので、どんなものかはわかる仕組みになっている。

 桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋香袋)を基本として50種の細工がああり、これを5列の赤糸に各11個の細工をつるし計55個にそろえ、これを対で製作することによって110の細工がつるされたものが基本形とされるそうだ。一般に直径30cmのさげわに170cmの長さでつるされ、飾りの数は3、5、7、9などの奇数でくみ上げられる。古端切れなどを使って製作する地元女性の和裁細工として受け継がれたというのがその概要。

 長女の初節句に無病息災、良縁を祈願して、母や祖母が作ったもので、段飾りが買えないので、着物の端切れなどで作ったという説もある。娘が成人した年に「どんど焼き」に焚き上げてしまうために、古いものはあまり残っていないそうである。

 それ以外は特に大きな特徴のある港町ではないごく普通の港町なのだが、我々が宿泊した町中には小さな旅館しかないのに、町はずれにはかなり大きなシゾートホテルがいくつも並んでいる。特に観光施設なんかもないので、もしかするとこの町を拠点にして下田市や伊東市なんかまで足を延ばすのかもしれない。

 我々が宿泊した旅館は金目鯛づくし料理で有名なところらしく、夕飯も金目鯛の刺身に始まって、煮付けや、海老の作りなどたいへん贅沢な料理の数々には感激をしながら、夜を過ごしたのであった。

Leica M3 Summilux 50mm 400TRX @Inatori (c)tsunoken

« 『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』はこれまでの言っていることとは180度ちがうけどね | トップページ | 稲取漁港・散歩カメラ by LEICA M3 ② 朝市編 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57210408

この記事へのトラックバック一覧です: 稲取漁港・散歩カメラ by LEICA M3 ① 港町編:

« 『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』はこれまでの言っていることとは180度ちがうけどね | トップページ | 稲取漁港・散歩カメラ by LEICA M3 ② 朝市編 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?