フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ヤマザキマリ『ステーブ・ジョブズ』連載始まる | トップページ | 築地市場考 »

2013年3月30日 (土)

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』で大切なこと

 その会社の株を買うのなら、その会社に投資したと考えるのでなく、その会社を応援するつもりで買えという、『日経平均を捨てて、この日本株をかいなさい。』を書いた、レオス・キャピタルワークス最高投資責任者の藤野英人氏が、若者向けの星海社新書を書いた。

2013_03_26_1292toushika

 勿論、若者向けだからと言って書くことが変わるわけではない。

 ほとんどの投資信託(ファンド)に対する批判として、ほとんどのファンドが「トピックス型」だとする。つまりTOPIX指数をもとに作られる金融商品を販売しているわけだが、それは運用会社がサラリーマン企業だからだという。

『大手の資産運用会社の担当者はサラリーマンなので、サラリーマンとしてのリスクを背負って運用します。つまり、お客さんのお金が増えるかどうかよりも、サラリーマンとして怒られないかどうか、という観点で運用するわけです。
 東証株価指数と同じ動きであれば、もしお金が減ったとしても、東証株価指数も落ちているから、と言い訳ができます。責任を回避できるし、クビになることもありません。
 こうして、実に日本のファンドの90~95%くらいが、良い企業を選ぶという本来のファンドではなく、東証株価指数をベンチマークにした「ミラーファンド」となっています』

 ということなんだな。

 結局そこには積極的にリスクを取りに行って、大きなリターンを狙うという、本来のファンド・マネージャーの考え方はなく、単なるサラリーマンの自己防衛本能だけがあるわけである。

『そういうきわめて不真面目な状況のなか、私たちの会社(レオス・キャピタルワークス)では、東証株価指数をほとんど参考にしないでファンドをつくっています。
 では、何を基準にしているかといえば、社会のために役に立っているかどうか、そして、成長しているかどうかです。
 成長する会社を見極めるのはもちろん簡単ではありませんが、これから成長していく(株価が上がっていく)会社に投資するというのはきわめてシンプルですし、本来ならばそれがあたりまえの基準になっているはずです』

 ということなので、どちらかといえばレオス・キャピタルワークスは「新しい会社」に注目するわけである。新しい会社であれば、うまくすれば成長するだろうし、失敗してもそんなに会社自体が大きくなっていないのだから、あまり大きなケガをしないですむ。問題は、その会社が社会の役に立っている真面目な会社かどうかということ。

 藤野氏は投資に値する「真面目な会社」かどうかを判断する一つの基準として「アニュアルレポート」を上げる。

『多くの会社は、「社員を大切にしている」と言います。
 逆に、そう言わない会社はほとんどないでしょう。
 ところが、実際にその会社のアニュアルレポートを見てみると、そこには社員の写真が一枚もなかったりするのです。だいたいは社長の写真が大きく載っていて、あとは製品や工場といった写真ばかりです。
 社長以外の写真が載っていたとしても、取締役などの経営陣か、優秀な事業責任者のみで、一般の社員の姿は見当たりません。
 家族写真にたとえると、父親と長男のみが写っている写真を人に見せながら、「私は家族のことをじつに大切に思っているんだ」と父親が言っているようなものでしょうか。当然、母親や他の子供たちは納得できません』

 なるほど、社員を大切にする会社は、お客さんを大切にする会社ということなのだ。で、そんな会社が伸びていくという考え方なのだろう。

 まあ、実にわかりやすい企業の判断基準である。が、だからといって投資するに足る会社かどうかは、まだわからない。

 ただし、わからないからこそ「投資の醍醐味」というものがあるのだろう。

 積極的にリスクを取りに行って「成功するか」「失敗するか」、あるいはリスクを取りにいかないで「成功も失敗もしない」道を歩むか。日本人はこの後者の方が多いというのが藤野氏の考え方だが、私なんかは投資信託なんて人に頼るよりは、自分で責任をとった方がよいという考え方なので、自分で個別銘柄を選んで投資をしたいと考えている。

 今のところ、藤野氏が前著で薦めていた企業の株を買って、今のところは「額面上では」儲かっているので、取り敢えずOKということなのだ……。

 ま、取り敢えずは結果オーライってことで。エッヘッヘ……。

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(藤野英人著/星海社新書/2013年2月25日刊)

« ヤマザキマリ『ステーブ・ジョブズ』連載始まる | トップページ | 築地市場考 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/57030972

この記事へのトラックバック一覧です: 『投資家が「お金」よりも大切にしていること』で大切なこと:

« ヤマザキマリ『ステーブ・ジョブズ』連載始まる | トップページ | 築地市場考 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?