フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『素人の顧客の意見は聞くな』+ヒマネタについて | トップページ | パソコンふっかーつ! »

2013年2月10日 (日)

金沢「絵葉書」紀行2

 という訳で(「えっ? 何?」という方は二昨日のブログを読んでください)やっと金沢旅行の記事がまた書けるようになった。

 パソコンがどうなったかは、今日か明日のブログで……。とりあえず最強のヤツに。

2013_02_07_011_2_4

2013_02_07_016_2

2013_02_07_020_2

2013_02_07_022_2

 これらの写真は全部、浅野川と犀川に挟まれた旧金沢市街の中心部である。金沢駅から武蔵ヶ辻、香林坊、片町、広阪と兼六園や金沢城まわりは昔(35年ほど前)とあまり変わっていない金沢の街であるが、周辺地域は大いに変わってしまっていた。

(1)道が広くなった

 金沢の街は狭い道が更にクネクネと「枡形」に曲がっているのが特徴だった。要は外敵に備えての街づくりだったわけだけれども、中心部の旧市街はいまだにそんな感じなのだが、周辺部分はまったく街づくりが変わってしまって、往復4車線の大きな道が沢山出来ている。クルマにのっているととてもラクチンではある。しかし、昔の記憶でもって運転していると、まったく今自分がどこにいるのか分からなくなってしまう。

 まあ、それがいいのだけれどもね。

(2)県庁が(大学も)なくなってしまった

 昔は石川県庁は金沢城のすぐ脇にあったし、金沢大学は金沢城内にあったわけだ。それが金沢大学はすぐ近所の場所に移って、石川県庁は金沢市郊外に移ってしまった。その移った県庁のそばに出店したのが、前に書いた明文堂というところがいかにも今の時代を映し出している。昔ならうつのみやか北国書林だったわけだが。

 それが時代の変遷というやつなんだろうな。

(3)金沢の人は駐車場に入るのに何であんなにスピードを出すんだろう?

 ということでびっくりしたのが、駐車場に入ってくる車のスピードなのだった。普通は駐車場に入ってくる場合は「徐行運転」が当たり前でしょ。それが、金沢の人は道路上ではそんなに飛ばさないのだが、駐車場に入ってくるとなぜか徐行はしない。う~ん、昔はどうだったんだろうな。

2013_02_07_041_2

 で、金沢の老舗料理旅館「金城楼」で昼食をいただいて帰ってきたわけなのである。昔(またまた昔話だなあ)うつのみやの先代社長と私がいた会社の常務が毎年会食をするんだが、それが「金城楼」と「金茶寮」という金沢の二大老舗料亭を交互に使っていた。勿論、金沢芸妓も一緒である。美しかったかどうかは、「微妙」と答えるのが、まあ無難だな。私はそのお相伴に過ぎなかったんだけれども、次に金沢に行く時には「金茶寮」の方かな、なんてね、

 で、その後、金沢駅に赴くと、何と越後湯沢まで行くはくたか号が途中の強風のため金沢まで来ないという。つまり金沢→越後湯沢は運休ということになって、こりゃいかんなということで、急遽米原回りの東海道新幹線で帰ってくるルートに変更。予定より1時間遅くなって帰宅をした、というような具合でした。

 ま、行き(大宮→越後湯沢→金沢)と帰り(金沢→米原→品川)で別ルートというのも却っていいかもしれない。ちょっとお金はかかるけど。

Fujifilm X10 @Kanazawa (c)tsunoken

« 『素人の顧客の意見は聞くな』+ヒマネタについて | トップページ | パソコンふっかーつ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56728725

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢「絵葉書」紀行2:

« 『素人の顧客の意見は聞くな』+ヒマネタについて | トップページ | パソコンふっかーつ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?