フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ガトー・バルビエリとカルロス・サンタナのコラボってすげえ | トップページ | 埼玉新都市交通・ニューシャトル 内宿駅は寂しくて »

2013年2月24日 (日)

『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』はそれなりのブロガーには意味がある

 ブログ「ネタフル」のコグレマサト氏と「和洋風◎」のするぷ氏の本である。要は二人とも「プロ・ブロガー」なんですね。「プロ・ブロガー」とは何か。ブログを書くことだけで生活している人が「プロ・ブロガー」なのだそうだが、コグレ氏なんかはブログを書くことだけで月収40万円くらいになるという。それならさすがに「プロ・ブロガー」を名乗ってもいいんだろう。

『必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意』(コグレマサト、するぷ著/インプレスジャパン/2012年3月23日・Kindle版2012年8月23日)Kindle版の方が約750円安い!

 しかしながら、問題は「書き続ける」ということ。そこが大事なんだよなあ。

 毎日、毎日、何かテーマを見つけてブログを書き続けることが、「プロ・ブロガー」になるためのまず第一歩ということなのである。確かにそれはどんなジャンルであっても「プロ」になるための基本である。「毎日続けること」こそがスポーツであれ、文筆であれ、絵画であれ、写真であれ、すべてのジャンルにおいて「プロ」になるための第一歩であることは同じであるが、同時にそれをやったからと言って「プロ」になれるのは、その中で才能を見せた一握りの人だけであるという事実も同時に、実際の姿であるのだ。つまり、毎日ブログを更新していても、皆が皆「プロ」になれるわけではないということ。

 そうか、私もサラリーマン引退後、サラリーマンの時からと同じペースで毎日毎日ブログを更新し、たまには午後にはもう一度更新したりして、つまりは一日に二度更新したりしているが、そうあまりページビューは増えていないのだ。いや、実は増えている。昨年末あたりまでは毎日500ページビューだったのが、今年に入ってからは毎日700ページビュー位になって、増えてはいるんだが、期待していた毎日1000ページビューには、たまに行くのだが毎日というわけではない、という贅沢な悩みを抱えている。

 とまあ、毎日毎日ブログを更新するのは楽しい。

 とにかく、毎日何かネタを探してブログを更新するのである。基本は当ブログは「本と映画と写真」がテーマなので、まず本を読むこと、これは最近はKindle本がかなり多くなっているが、映画と写真(展)は、とりあえず見に行かなければならないというところが、実は楽しい機会。特に、今はどちらかというとシネコンなんかでやっている「商業映画」もあるが、それ以外のドキュメンタリー(ポレポレ東中野なんかでやっている)を見る楽しみが増えている。ドキュメンタリーは今やビデオ撮影・編集・上映が当たり前になってきており、そうなると製作経費を考えなくてもできるため、いろいろなドキュメンタリー映画が出てきている。

 映画の基本はドキュメンタリーだと考えている私は、そんな状況にも嬉しくなってくるのである。そんなドキュメンタリーなら「もしかすると私にも作れるかも知れない」ということで。まあ、どんなテーマに出会うかという一番大きな問題があるんですがね。

 と、まあそんな感じでブログを更新し続けている私なのであるが、それを少しでもマネタイズに近づけたいと思って購入した本なのであるが、いろいろ書かれてあることは腑に落ちる。とは言うものの、この人たちはWordPressなんかのソフトを使って、レンタル・サーバーでブログを作っている人なので、私のようにNiftyのココログに頼っている人間には使えないソフトが多い。しかし、アフィリエイト収入だけで月間40万円ねえ。私なんかいまだに2か月で5000円位のもんだよ。小遣い稼ぎのつもりだったんだけど、そこにも至らないねえ。

 そうなんだよな。基本的にはやはりココログみたいに、おまかせでできるブログではなくて自分で自由に使えるブログの方が絶対いいのはわかっているのだが、まあ、ラクにできるブログをどうしても使ってしまうのだな。私も以前はホームページを作っていたことがあって、HTMLなんかも書いていた時期はあったのだが、もう面倒くさいね。

 とは言うものの、面白そうなのでGoogle Adsenseを使ってみようかと思ってアクセスしたと思いねぇ。

 ところがGoogle様から来た返事は以下の通りだぜぇ;

「成人向けコンテンツ: 現在のところ、AdSense プログラムでは一般向けとして分類された Google 広告のみが表示されます。お客様のサイトのコンテンツは、成人向けにあたると判断されました。成人向けコンテンツには、性的、わいせつ、挑発的な内容のテキストや画像、18 歳未満は利用できないサイトや職場での閲覧に適さないサイトが含まれます。このため、お客様のサイトには関連する広告を表示することができません。許可されないサイト コンテンツの詳細については、AdSense のポリシー(https://support.google.com/adsense/bin/answer.py?answer=1348688#Adult_content)をご覧ください」

 なんか私のブログはGoogle様から「成人向け」という認定をされてしまった。まあ、確かに「お子様向け」の内容でないことは確かだが、「成人向け」ねえ。そんなに過激だったかしら、わいせつだったかしら。とは言うものの「泣く子とGoogle様には勝てない」のがウェブ上のルールなので、それには従う他はない。

 まあ、Amazonウィジェットでシコシコ稼ぐしかないのだろうな。

 ということで、ちょっとブログ・ページのデザインを変えてみました。

 どうなんでしょうね。

« ガトー・バルビエリとカルロス・サンタナのコラボってすげえ | トップページ | 埼玉新都市交通・ニューシャトル 内宿駅は寂しくて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56823214

この記事へのトラックバック一覧です: 『必ず結果が出るブログ運営テクニック100』はそれなりのブロガーには意味がある:

« ガトー・バルビエリとカルロス・サンタナのコラボってすげえ | トップページ | 埼玉新都市交通・ニューシャトル 内宿駅は寂しくて »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?