フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« Weekly progress report from Fitbit. | トップページ | 浅草『粋れん』の粋な飾り物 »

2013年1月 4日 (金)

東伏見はあるけど西伏見はない

 御免なさい、今日のネタは田無近辺にお住まいの方にしか興味がない(いやいや田無の人だって興味はないかも)話であります。

2013_01_02_029_2西東京市東伏見の住居表示

 西東京市には東伏見という地名はあるが、西伏見という地名はありません。西武新宿線にも東伏見駅はありますが、西伏見駅はありません。

 普通「上○○」という地名があれば、大体「下○○」という地名があるし、「東○○」という地名があれば「西○○」という地名がある。ところが西東京市には東伏見はあるが西伏見はないのだ。何故だろう?


2013_01_02_033_2西武新宿線東伏見駅前の鳥居

2013_01_02_017_2東伏見稲荷神社であります

 って、もうバレバレでしたね。そう東伏見という地名は、昭和4年に京都の伏見稲荷神社の分霊を勧請して創建された、京都の東にある伏見稲荷神社だから東伏見稲荷神社という名前のお稲荷さんが作られたのがもともとのきっかけ。東伏見稲荷神社がある場所だから東伏見という地名になったというわけなのである。だから、東伏見はあるけれども西伏見はない、というかもしそのようにして町名をつけると「東東伏見」「西東伏見」になってしまうわけなのだ。って、くだらねえ。

 西武新宿線の駅もそれまでは「上保谷駅」と言っていたのを「東伏見」に変更されたわけである。

 そういう意味では、町の名前が付いたことではかなり新しい部類に属する西東京市(元は保谷市)東伏見なのであった。

 今、東伏見稲荷神社のすぐ右側に広い道路を作っていて、一部は東伏見稲荷神社の下をトンネルで結んでいる。多分、これで東伏見駅から西武池袋線保谷駅方向へまでつなぎ、そのまま埼玉の新座方面までつなぐ道が出来るのかもしれない。

 まあ、そうやって次々に開発される東京区部西部なわけだけれども、そこまで開発しても意味があるのだろうか、もはや人口減少、なおかつ人口都市集中を避ける政策をとっている我が国でね。

 と言っても、どうせかなり以前に計画された道路は、もはや止めることのできない行政工事なのである。ということで、今日も目的がよくわからない道路工事が行われているのであります。

« Weekly progress report from Fitbit. | トップページ | 浅草『粋れん』の粋な飾り物 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56453122

この記事へのトラックバック一覧です: 東伏見はあるけど西伏見はない:

« Weekly progress report from Fitbit. | トップページ | 浅草『粋れん』の粋な飾り物 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?