フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東伏見はあるけど西伏見はない | トップページ | 『サイド・バイ・サイド』というけれども、映画は既にデジタルの方へ進んでいる »

2013年1月 5日 (土)

浅草『粋れん』の粋な飾り物

 毎年、三が日明けは浅草に行く。

 どうも下町の育ちだと、お正月は観音様という感じで、練馬に来てからも何故か観音様を見ないと正月気分になれないというところがある。ただし、三が日はあまりにも混雑するので4日に行くことが多いのだが、それでも大変な人手ではある。

 で、数年前から浅草に行く楽しみになっているのが、仲見世を雷門から入って最初の路地を左に曲がった雷門柳小路にある、和風小物の店「粋れん(すいれん)」なのである。

 2010年に行った時に発見した粋れんは、ちょうどその年の干支「寅」の置物を、マネキンが犬みたいに連れて歩いている雰囲気の飾り付けであった。では今年は今年の干支の置物か? ということで毎年浅草に行く楽しみが一つ増えたわけである。

Img014_2平成22年寅 Leica M6 Summicron 35mm/F2 Tri-X
Img001_2平成23年兎 Webより
Epsn0340_2平成24年辰 Epson RD1s Sumicron 35mm/F2
2013_01_04_003_2平成25年巳 Fujifilm X10

 何故か、2011年の写真が見当たらないのでWebから頂いてきてしまったが、多分未整理のネガの中にあるのだろうかな。

 ということで、今年も行ってきました。当然、今年は巳年なので蛇の置物なわけですね。ということで、当然来年は「午」になるのであろう。当然、来年も行くわけである。再来年も、再々来年も、ということで毎年行くのである。

 こんな、正月の楽しみ方もあるんだな。

『粋れん』の公式サイトはコチラ→ http://www.you-bi.com/suiren/

« 東伏見はあるけど西伏見はない | トップページ | 『サイド・バイ・サイド』というけれども、映画は既にデジタルの方へ進んでいる »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56467408

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草『粋れん』の粋な飾り物:

« 東伏見はあるけど西伏見はない | トップページ | 『サイド・バイ・サイド』というけれども、映画は既にデジタルの方へ進んでいる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?