フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『コンビニの戦士達』はここで終わっちゃダメなんだ | トップページ | 『ted』を楽しむためには、いろいろ勉強しなきゃね »

2013年1月27日 (日)

池袋残像

 幼い頃、要町の近所に住んでいたことがあるし、長じて勤務した会社が有楽町線の護国寺駅前にあったことから池袋にはよく通ったものだが、何故かあまり池袋という街はあまり好きになれない街なのである。

2013_01_21_006_2

2013_01_21_015_2

2013_01_21_018_2

2013_01_21_013_2

2013_01_21_011_2

 何故なのだろうか、池袋という街の政治性のなさなのか、それでいてやたら大きくなってしまった故なのだろうか。とにかく人が多く、おまけにそれが縦横に歩き回っていて、歩きにくい街No.1なのである。

 それが理由なのか?

Fujifilm X10 @Ikebukuro (c)tsunoken

« 『コンビニの戦士達』はここで終わっちゃダメなんだ | トップページ | 『ted』を楽しむためには、いろいろ勉強しなきゃね »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

要町は,母方の祖父の家があり,今でも叔母が住んでおり,小学生の頃は毎週土曜日の夜になると母に連れられて,泊まりに行っていました。
祖父の家に行くのは池袋で降りて当時のTAXIのルノーに乗るのですが,なぜルノーかというと小型車で一番運賃の安い車でした。いま思うと,毎週のように両親は夫婦ゲンカをし,母は実家帰りをしていたのではないかと思います。実家帰りと言っても家のあった山手線の駒込駅から,わずか3駅目が池袋ですが。

で,池袋ですが,僕も好きな街ではありません。猥雑で汚いところは新宿と同じですが,新宿のようなアナーキーさがありません。立教大学がありますが,学生の街というようなカルチャーも欠落しています。東京大学と本郷,早稲田大学と高田馬場,かつての中央大学と神保町というような大学と街の親和性にも欠けています。大学がありながら学生街が形成されなかったというのは不思議です。大学にしても,百貨店にしても孤立分散していて,それが有機的な繋がりをもたないため,無機的でよそよそしさを感じる街です。おっしゃるような「政治性のなさ」の原因は,この孤立分散性にあるのではないでしょうか。

でも,なつかしいスポットもあります。家族でよく行った映画館・人生座。童話作家の女性と待ち合わせして,デートの起点となった喫茶店・コヤマ。
キンカ堂地下レストランのボリュームたっぷりのナポリタン。もう,これらすべてはなくなりましたが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56623486

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋残像:

« 『コンビニの戦士達』はここで終わっちゃダメなんだ | トップページ | 『ted』を楽しむためには、いろいろ勉強しなきゃね »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?