フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ウェブを炎上させるイタい人たち』って結局はロスジェネ世代の恨み節ってことなのね | トップページ | 『バカに民主主義は無理なのか?』って、当たり前じゃないか »

2013年1月30日 (水)

埋蔵文化財発掘調査に立ち会った

 現在、駒込にあるビルの建替えに立ち会っている。

 駒込と言えば六義園。六義園と言えば柳沢吉保ということで有名だが、その六義園の真ん前にあるビルだったのだが、そのビルを建替えているのである。

 建替えの前の解体は既に最終段階にきていて、あとはビルの土台になっていた地下杭を引き抜く作業を進めている状態。

2013_01_29_031_2こんな重機を使って、1本1本地下杭を引き抜いている。

 で、問題なのは解体に伴って、隣地を引き込んで新しいビルを作ろうとしていること。つまり、ビルそのものはもはやそんな地下杭を入れているので問題は起こりようもない。

 ところが隣地は一戸建ての木造家屋があった場所なので、もしかするとそこには遺構や出土品が出るかも、ということで埋蔵文化財の調査をしなければならなくなってしまった。

2013_01_28_035_2最初は30cm~50cmを掘って、まず明治時代の地層調査である。

2013_01_28_046_2その後、1m位掘って明治中期から江戸末期ころの状態を調べる。

2013_01_29_025_2で、最終的には2mまで掘って、関東ローム層が出てくるまで掘ると、江戸中期(元禄時代)あたりまでの状態がわかるということなんですね。

 掘った部分の真ん中辺、地面が黒くなっているところが人が歩いていた部分だそうです。ちょっと上の人がうずくまっている部分が、溝があったところ。

 要は、六義園は庭園、でその前の部分が柳沢邸があった部分で、この場所は殿様の居宅であった可能性が高い場所なのである。

2013_01_29_020_2で、出土品の一部がこれ。つまり柳沢吉保が使っていた(かも知れない)茶碗かお猪口か……ってところですね。

 う~む、柳沢吉保と言えば、五代将軍徳川綱吉に取り入って寵愛を受け、大老格まで上り詰めた人であり、一方、「江戸城松の廊下事件」では赤穂・浅野家のみのお家断絶という(片落ち)処分で「忠臣蔵事件」のきっかけになった人物である。これには裏があって、当時、税収難に陥っていた徳川幕府に対して、お取り潰しをした播州赤穂を将軍に献上したという話もある。

 まあ、そこまでして将軍に取り入りたかったのかね、という感じで江戸庶民の間で話は広がり、結局、「四十七士の忠義」という形での当時の江戸幕府に対する反乱の元になったという、言ってみれば「ゴマすり大老&政治家としてはトンデモ失格」の代表格なのだが、そんな柳沢家の屋敷のそばにというか真上にビルを(一部ですが)持っていたんだな、と思うことしきり。

 う~む、感慨。

Nikon D7000 AF-S Nikkor 10-24 @Komagome (c)tsunoken

« 『ウェブを炎上させるイタい人たち』って結局はロスジェネ世代の恨み節ってことなのね | トップページ | 『バカに民主主義は無理なのか?』って、当たり前じゃないか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

またまた,なつかしい。駒込生まれの駒込育ちですから,六義園は小学生時代は遊び場でした。ただ,六義園のなかにビルが立っていたとは驚きです。知りませんでした。

2メートル掘ると,江戸時代の生活圏がでてくるというのは,不思議です。数百年かけて海抜が2メートルずつ高くなっていくような感じでしょうか。

また駒込に行かれる機会があったら,内回りで駒込駅のホームの最先端から進行方向を見ると,隣
の巣鴨駅が見えます。隣の駅が見える,というのは日本広しといっても,この駒込⇔巣鴨間だけでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56654268

この記事へのトラックバック一覧です: 埋蔵文化財発掘調査に立ち会った:

« 『ウェブを炎上させるイタい人たち』って結局はロスジェネ世代の恨み節ってことなのね | トップページ | 『バカに民主主義は無理なのか?』って、当たり前じゃないか »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?