フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『記録は可能か。』展 | トップページ | Weekly progress report form Fitbit »

2012年12月25日 (火)

White Christmas Eve in Niigata

 12月24日、東京は晴れ……ということは、新潟は雪っ! ということで新潟まで雪を見に行ってきた。他に用事はない。何もない。まさしく酔狂である。しかし、たまに発症する“旅に行きたい病”に今朝突然罹ってしまったのだから仕方がない。

 こういうことが出来るのがリタイヤ組のいいところ。現役ではこんな事は出来ない。まあ、もっとも出張で行きたくなくても行かなければならないこともありますがね。

2012_12_24_007_2東京は晴れ、と言っても写っているのは『キューポラのある街』ですが

 と言っても。新潟なんて近い近い。上野から新幹線に乗れば1時間ちょっとではや『雪国』の越後湯沢だし、終点の新潟でも2時間足らずである。

2012_12_24_012_2国境の『雪国』です。越後湯沢付近

2012_12_24_016_2_3長岡駅付近も真っ白

 途中、長岡までは完全に雪国という雰囲気。周囲は銀世界というよりまったく白一色である。

 で、新潟に着いてみると意外や意外、新潟市の中心部には雪が見えない。まあ、新潟平野の海沿いの町が新潟なんだから、雪がなくても当たり前か。

2012_12_24_084_2

2012_12_24_077_2_2東新潟駅付近
 

 しかし、市の郊外に行けば、まだちゃんと雪が残っている。さすがに新潟である。ということで、新潟で雪見酒というのは長岡あたりで降りれば可能だったのだが、新潟市の中心部では、それは無理。

 しかし、田中角栄氏が『列島改造論』を考えたくなるのもよくわかる、雪深い新潟5区(長岡、小千谷、魚沼、南魚沼、湯沢)であることは確かだ。こんなところで育つと、やはり三国山脈をブチ壊して雪を関東地方に降らせたくなるんだろうな。本来、土木作業というのは道路を作ったり、空港を作ったりなどというインフラを作ることにつながるはずのものであるのに、除雪作業というのは「何物をも生み出さない土木作業」なのだから。

Nikon D7000 AF-S Nikkor 10-24mm @Niigata (c)tsunoken

« 『記録は可能か。』展 | トップページ | Weekly progress report form Fitbit »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56386532

この記事へのトラックバック一覧です: White Christmas Eve in Niigata:

« 『記録は可能か。』展 | トップページ | Weekly progress report form Fitbit »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?