フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『デジタルネイティブの時代』にはとりあえず期待しないでおこう | トップページ | Progress report of the previous week from Fitbit »

2012年12月11日 (火)

蒙を啓いてくれた堀切菖蒲園

「いずれアヤメかカキツバタ」というのは「どちらもすぐれていて優劣のきめがたい意」というのが「広辞苑 第六版」の解説であるが、私らの解釈だと、どちらかというと女性の美醜に対して「どちらも美しくて優劣のきめがたい」という意味に使っているような……。

 で、問題は「ショウブ」「アヤメ」「カキツバタ」の違いなんだけれども、実はその三者に違いがあるとは知らなかったんですね。まあ、まさに「蒙」ですね。

「ショウブ(菖蒲)」は「サトイモ科の多年生草木。根茎は水底の泥中に横たわり、葉は長剣状で八〇センチメートル余。初夏、花茎の中程に黄緑色の小花を棒状に密生。葉は芳香があり、丹吾の節句に菖蒲湯とする。根茎を乾して「菖蒲根」と呼び健胃薬とする。古くは「あやめ」と呼んだが、アヤメ科のアヤメ・ハナショウブの類とは葉の形が似るだけで、全くの別種」

「アヤメ(菖蒲」は「アヤメ科の多年草。やや乾燥した草原に群生。また、観賞用に栽培。根茎は地下を這い、毎年、剣状の細長い葉数枚を直立」

「カキツバタ(杜若・燕子花)」は「アヤメ科の多年草。池沼や湿地に生じ、高さ約七〇センチメートル。葉は広剣状。初夏、花茎の先端に大形の花を開く。色は通常紫または白。大きな三枚の外形花片には中央に一本の白線が入る。観賞用にも栽培。花を布にこすりつけて紫色に染める」

 というのが、同じく「広辞苑 第六版」の解説。

 なんでこうしたことを調べる気になったのかといえば、堀切菖蒲園に行って、こんな看板を見たからなのだ。

2012_12_10_066_2違うんですよ、ショウブとアヤメとカキツバタはね

 しかし、こんな時期になんで堀切菖蒲園なんだろう。開花時期とはまったく異なるので、当然ながら誰も来ていない。静観亭という料理屋だか集会施設だかのカラオケ会の音が聞こえるだけである。

2012_12_10_030_2ここが「堀切菖蒲園」の入口

2012_12_10_047_2高台にある茶店(?)から見た菖蒲園全景である。当然、今は菖蒲の開花時期ではない。ので、葉っぱが見えるだけ。

2012_12_10_048_2ここが上の写真を撮った茶店

 勿論、季節はずれの菖蒲園に行ってもなにも得るものはないはずである。が、少なくとも、私にとって、「ショウブ」と「アヤメ」と「カキツバタ」が違う種類の植物であるということがわかっただけでも大いなる収穫。

 だって「ショウブ」も「菖蒲」。「アヤメ」も「菖蒲」。これではどちらも同じでしょ、と考えても普通は不思議ではないはずだが、「ショウブ」と「アヤメ」は別の科の生き物なのだ。

 まあ、昔の人は「見た目」だけで判断して「ショウブ」も「アヤメ」も「菖蒲」という字をあててしまったんだろうけれども、それがその後の人々(それって私?)の判断を誤らせてしまったという結果を招いたのである。

 う~む、見た目には「菖蒲」が「アヤメ」だろうが「ショウブ」だろうが関係ないし、同じ時期に開花するので、見た目には美しいし、別にいいじゃん、とは思うのだが。生物学的にはそうはいかないものがあるんだろう。まあ、当たり前ですね。

 そんな蒙を啓いてくれた行程であった。

Fujifilm X10 @Horikiri (c)tsunoken

« 『デジタルネイティブの時代』にはとりあえず期待しないでおこう | トップページ | Progress report of the previous week from Fitbit »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56293567

この記事へのトラックバック一覧です: 蒙を啓いてくれた堀切菖蒲園:

« 『デジタルネイティブの時代』にはとりあえず期待しないでおこう | トップページ | Progress report of the previous week from Fitbit »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?