フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 越後闘牛紀行2「小千谷」 | トップページ | 『アニメ映画ヒットの法則』は実は簡単な方法があるのだ。それがプロデューサーである »

2012年11月 6日 (火)

『誤解だらけの沖縄・米軍基地』は正論だらけの本である

 多分、この本が今のところ一番若い「沖縄本」だろう。なにせ初版が2012年11月5日なのだ。購入はそのちょっと前だけどね。

『誤解だらけの沖縄・米軍基地』(屋良朝博著/旬報社/2012年11月5日刊)

 屋良朝博氏は沖縄タイムスで社会部長を務めていた人で、今年退社した人物。

 あとがきに;

『沖縄の基地問題はこれまで外交、安保の領域で議論されてきましたが、はたしてそれは正しい問題認識なのでしょうか。本書で紹介したように、米国は「沖縄の基地を本土に移転してもいい」とずっと前からいっています。森本防衛相が認めたように、鹿児島に駐留しても軍事的には大丈夫なのです。守屋元防衛事務次官によると、1990年代に米政府は「北海道でもいい」と日本政府に伝えていました。
 これらを考えると、問題は半世紀を越えて小さな南の島・沖縄に米軍基地の74%も押しつけている日本の病理であると断定できそうです。沖縄ではいまこうした状況を「差別」と認識するようになっています』
『海兵隊は日本本土に駐留しても十分機能するにもかかわらず、政府はその事実をひた隠しにしています。本土へ基地をもっていくと、国民の猛反対が起き、日米同盟が維持できなくなると政府は心配しています。表向きには日本は米軍駐留を歓迎していますが、被害が自身におよばないかぎり賛成するという無責任な政策がまかりとおっています』

 と書く。

 また、経済的にも;

『沖縄県議会事務局は2010年9月、沖縄の米軍基地がすべて返還された場合、跡地を商業や農業に活用することで得られる経済効果を年間9155億5000万円に上がるとの試算を発表しました。これは米軍基地から生じている経済効果の2.2倍にあたります。一方、基地による逸失利益は年間4948億8900万円と推計しました』

 また、米軍施設であった旧牧港住宅地区が返還後に那覇新都心になったわけだが、その直接経済効果は1年あたり735.4億円と、返還前の51.5億円に比較して14倍以上の結果になっているそうだ。たしかに、基地は生産の場ではなく、ひたすら消費の場である。『基地従業員を含む現在の雇用効果3万4541人に対し、全部返還されれば2.7倍にあたる9万4435人の雇用が新たに創出される』というのだ。

 沖縄に米軍基地さえなかったら、その地政学的な優位さから日本のアジアに向けた経済発展基地になった可能性は高く、またその地理的な優位さから日本のリゾート拠点にもなったはずである。それが基地が存在するが故に、開発は思ったとおりには行かず、米軍が巻き起こす事件・事故によって常に恐怖にさらされて生きていかなければならないのだ。つまり、沖縄にとって米軍基地の存在は経済的にもマイナスであるというだけでなく、常に命の危険性をもたらすというものであるということなのだ。

 そんな沖縄の犠牲の上に日本の発展があったというのは、本土の人間としては忸怩たる思いはないか?

 8月9日に『沖縄経済離陸の時代はまさに「沖縄解放」の始まりだ』で書いたとおり、あまりにも多い基地のおかげで沖縄経済は基地経済に頼っているような見え方が本土ではなされているかも知れないが、実はそんなことはなく、むしろ米軍から返還された土地ではそれまで以上に活発な経済活動がなされていて、基地経済は沖縄にとってマイナスであったことが証明されている。

 ところが、そうであっても日本政府は沖縄の米軍基地負担を少なくさせ、基地を本土に持ってきて、沖縄の経済離陸を図ろうなんてことは一切考えていないのは何故だ。2009年12月13日のブログ『普天間基地が静岡に移転?』 で書いたように、日本本土の各県で応分の基地負担をすることによって、沖縄は発展、米軍も日本に基地を置くことで安心してアジア・中東に目を向けることができるし、経済的にも発展できて、日本政府も税金をつぎ込んで沖縄経済を支えなくてもよくなる。

 米軍に対する「思いやり予算」なんてバカな予算負担はしたくない。むしろ、沖縄に集中している米軍基地を日本本土にバラ撒けば「思いやり予算」の負担も減る。あとは、近隣住民の精神的・健康的負担だけの問題だ。それにしたって、沖縄に集中しているよりはマシである。言ってみれば「日本全国横田基地」「日本全国厚木基地」計画である。この人口が集中しており、経済・政治の中心が集中している東京都や神奈川県に米軍の空軍や海軍の基地がある(それってすごく危険?)わけだけれども、それを日本中にバラ撒いてしまえという考え方である。

 なあんてことを正々堂々と発言して有権者から支持される政治家は出てこないものかしら。本来はその発言は有権者から支持されるはずの発言なんだけれども、結局は有権者自身が身勝手なことしか考えていないからダメなのか。まあ、総論賛成、各論反対の日本人だからね。基地を沖縄に集中させていることには反対するけれども、自分ちの近所にくることには反対ってね。

 ……う~ん、やっぱりダメかなのかなあ。

 

 

« 越後闘牛紀行2「小千谷」 | トップページ | 『アニメ映画ヒットの法則』は実は簡単な方法があるのだ。それがプロデューサーである »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

テキサス州の米軍基地の司令官が沖縄の人々を侮辱するとんでもない暴言

http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-576.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56027865

この記事へのトラックバック一覧です: 『誤解だらけの沖縄・米軍基地』は正論だらけの本である:

« 越後闘牛紀行2「小千谷」 | トップページ | 『アニメ映画ヒットの法則』は実は簡単な方法があるのだ。それがプロデューサーである »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?