フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『なぜ若者は身の丈で幸せか』という設問は、やはり中年の発想なのか | トップページ | 今週の『新文化』から:「2次利用フリー化」の真意は? »

2012年10月28日 (日)

大学ラクロス・シーズン終了

 学生ラクロスのレギュラーシーズンは10月前半で終了し、昨日からはプレイオフの前半戦の1部2部入替戦が始まった。

2012_10_27_006_2

2012_10_27_909_2

2012_10_27_889_2

2012_10_27_900_2

2012_10_27_877_2

 大井第二球技場の第1試合は2部Bブロック1位の立教大学と1部Bブロック6位の青山大学の試合。第2試合は2部Aブロック1位の成蹊大学と1部Aブロック6位の獨協大学の試合が行われた。

 しかし、やはり2部とはいえそれまで全勝で闘ってきたチームと、全敗で闘ってきた1部のチームの勢いの差というものがあるのかもしれない。第1試合は7対3で立教大学、第2試合は14対7で成蹊大学が勝つという、Aブロック、Bブロックとも2部が1部を破るということで、結局「下克上」が成されるという結果になって、双方の応援団も大喜びという結果となった。

 立教大学は3年前に2部の横浜国大に敗れて2部降格となってから2年ぶりの1部昇格ということで、喜びもひとしおといったところ。特に現在のチームはかなり3年生がいるチームなので、来年も1部で良い活躍が見られそうで楽しみでもある。

 プレイオフはこれから1部ABブロックの各1位2位によるけさがけ準決勝を挟んで決勝に進むというファイナル・フォー戦となって、その後、クラブ・チームとの日本一決定戦が行われるわけであるけれども、大半のチームはそれとは関係なく、この10月前半でシーズンを終了し、後は勉強なのか就活なのか、いずれにせよ普通の大学生の生活に戻るというわけだ。

 長いような、短いような大学スポーツのシーズンではある。

Nikon D7000 AF-S Nikkor 70-300mm @Oi (c)tsunotomo

« 『なぜ若者は身の丈で幸せか』という設問は、やはり中年の発想なのか | トップページ | 今週の『新文化』から:「2次利用フリー化」の真意は? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/55982914

この記事へのトラックバック一覧です: 大学ラクロス・シーズン終了:

« 『なぜ若者は身の丈で幸せか』という設問は、やはり中年の発想なのか | トップページ | 今週の『新文化』から:「2次利用フリー化」の真意は? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?