フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『「独裁」入門』ってタイトルはスゴいけれども、内容はいつもの香山節です | トップページ | ディズニーがルーカスフィルムを買収って? でもない話ではないのか »

2012年10月31日 (水)

『ホリエ戦記』は麻雀の話ばかりでちょっと物足りないのだが

『ホリエ戦記』っていうから、てっきり堀江貴文氏の東京地検特捜部との闘いを描いた漫画なのかと思ったら、そうじゃなくて東大文科3類に入学した堀江氏の駒場寮での麻雀漬けの毎日を描いた漫画だった、って当たり前だよね『近代麻雀』の連載なんだから。

『ホリエ戦記 ホリエモン闘牌録①②』(堀江貴文・本そういち著/竹書房/2012年7月4日・10月18日刊)

 とは言うものの、後にオン・ザ・エッジ(後のライブドア)を共同で設立することになるひとりの先輩から怪しい塾の講師のアルバイトを紹介される話が出てくる。そこの生徒にオン・ザ・エッジの設立資金を提供したやはり共同設立者のあ有馬あきこなんかもいたわけだから、堀江氏にとってはその塾の存在こそが堀江氏の原点な訳だけれども、その怪しい塾の話は1章のみで、あとはひたすら麻雀を打ち続ける話ばかりだ。その麻雀戦記の中には後に堀江氏の活動の中からいろいろ出てくる「想定外」とか「情報強者」「利益減」「市場分析」「未公開株」「一部上場」「ストックオプション」「ホワイトナイト」「連結決算」「情報公開」「時価総額」「吸収合併」などの経済用語が出てくるわけだけれども、別にそれがストーリーに絡んでくるわけではない。

 ま、あくまでも麻雀漫画だからね。

 しかし、面白いのは2巻の巻末にこの漫画でモデルにされた「ドクター田神のなかのひと」のあとがき「檻中でダイエット中のホリエくんへ」である。

『ホリエくんが駒場寮にいたときの話で麻雀以外のネタと言えば、ハドソンのゲームソフト「桃太○電鉄」を使った「賭け桃○」でしょう。通常の桃○郎電鉄は目的地を目指して獲得した賞金を使って物件や土地を買って社長を目指すというものです。ところがある人が、目的地を目指さずひたすらクレジットカードとばいきゃくカードを駆使して物件・土地転がしを始めてその利鞘で稼ぎまくるという「バブル経済作戦」を考案し、それをいかに効率よく行うかを最適化するようになり、ゲームというよりただシークエンスを処理するようなものになってしまいました』

 というのはいかにもその後のライブドアによるマネーゲームを想定させるものだ。まあ、いかにも頭の良い東大生ならではのゲームの楽しみ方ではある。

 もうひとつ、いかにも堀江氏だなあと感じさせるエピソードとしては;

『みんなでホリエくんを取り囲み、一人が「お前もうちょっと人の事を考えろよ。」と嗜めたときのホリエくんの答えが秀逸でした。「え~っ、人の考えなんてわかるわけないじゃないですか~!」あの言葉にホリエくんのすべてが縮約されていると私は思います』

 という話もある。まさしく堀江氏ならではの他人に対する考え方である。

 堀江貴文氏の新自由主義的な勝者の論理には鼻白らむものがあるのだが、あの愛すべき小太りのキャラクターがどうにも可愛い堀江氏の存在にはアンビバレンツな思いがある。

 時にカチンと来るときもあるメルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』の読者である私としては、できるだけ権力からの干渉を少なくして経済を自由にさせたほうがいいという堀江氏の考え方には賛成するし、セーフティーネットで敗者を保護すればいいじゃないかというのも決して間違っているとは考えないが、しかし、相変わらずの勝者の論理だけには納得がいかないものがある。

 いずれにせよ、あと半年もすれば保釈になる堀江氏である。

 保釈後の活躍に期待しておこう。

 

« 『「独裁」入門』ってタイトルはスゴいけれども、内容はいつもの香山節です | トップページ | ディズニーがルーカスフィルムを買収って? でもない話ではないのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56003494

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホリエ戦記』は麻雀の話ばかりでちょっと物足りないのだが:

« 『「独裁」入門』ってタイトルはスゴいけれども、内容はいつもの香山節です | トップページ | ディズニーがルーカスフィルムを買収って? でもない話ではないのか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?