フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『日本で知った「幸せ」の値段』以上に深刻な日本の問題 | トップページ | 『オッサンフォー』はナツメロか? »

2012年10月 7日 (日)

区境には何がある? いやいや何もないのだ。というところから問題は飛躍するのだ

 東京都大田区東海一丁目2番10号という住居表示の場所にそれがある。

2012_10_06_008_2

 というと何かすごいものがありそうであるが、全然そういう話じゃなくて、大田スタジアムという硬式野球場があるのだ。

2012_10_06_002_2

 この大田スタジアム、全面人工芝で外野席こそないものの、なかなか立派な野球場で、社会人野球や首都大学野球連盟、東京新大学野球連盟などがメインの球場として使っている他、高校野球の夏大会東東京都予選やプロ野球のイースタン・リーグの試合なんかもやっている野球場なのである。

 ところが、この「大田区の野球場」、実は品川区八潮四丁目1番19号にある「大井埠頭中央海浜公園」の中にあるのだ。つまり「品川区」の中に食い込んだ形の「大田区」の施設なんである。

「大井埠頭中央海浜公園」の中にはいろいろなスポーツ施設があって、アメリカンフットボールなんかをよくやっている大井第二球技場なんかもそこにあって、大田スタジアムのすぐ脇にあるのだ。ただし、ここは当然品川区である。

2012_10_06_001_2

 勿論、同じ「大井埠頭中央海浜公園」の中になるにあるのだから、そこには「大田区」と「品川区」の区境なんてものはない。表示もない。

2012_10_06_007_2

 そこに何か困った問題があるのかといえば、別に何の問題も起きていない。大田スタジアムの中の売店で買った焼きそばを大井第二球技場で食べている時にも、別にその売店の事業税が大田区に属するんだよな、なんてことは考えてもみないし、タバコを吸えない大井第二球技場から大田スタジアムへタバコを吸いにいく(大田スタジアムには灰皿がある)時にも、「おお、今俺は区境を越えているんだ」なんてことは考えない。

 まあ、区境表示があるわけではないし、それぞれに住居表示があるわけでもないので、市民は区境を越えるときにそれを意識しないというだけのこと。これがカーナビだといちいち「県堺」を越えるとそのアナウンスがうるさいくらいにあるけれどもね。

 区境の問題といえば、中央区と千代田区の間の特別区たばこ税問題というのがあった。これは、「東京高速道路」つまり西銀座デパートの番地表示が「東京都中央区銀座一丁目3番先」となっていて、いまだにそこが「中央区」なのか「千代田区」なのか確定していない、という問題。これは、東京高速道路が外堀・汐溜川・京橋川を埋め立てて作られたわけなのであるが、その際にきっちりと区境を決めないで埋め立ててしまったために、未だにその部分が「中央区」に属するのか、「千代田区」に属するのか、「港区」に属するのか境界か確定しないまま現在に至っているという問題。

 それが何の問題になったかと言うと、その西銀座デパート内で売られているタバコの「特別区たばこ税」の税収がどの区に入るのかということで、一時問題になっていたことなのであり、そのために区境をキッチリ決めようとしていた時期があったということなのである。

 結局、どんな解決策を見出したのかは知らないが、今ではその「中央区・千代田区区境論争」というのは起きていない。多分、両当事者の間でお互い傷つかない落とし所を見つけたのであろう。

 って、何を言いたいのかって? つまり、国境線なんてものもそれと同じことということなのだ。

 だいたい、地上であってもそこには「境界線」なんてものはない。ましてや「海の上」にそんなものはないのだ。「ここからどっちはどちらの国の領分」なんてものは決めることはできないのだ。ましてや、「実効支配」したからといって、そこに住むような島でもないし、双方の国にとって「面子」以上の価値は有り得ないのだ。

 取り敢えず、尖閣諸島の地下資源は双方で相当の金をつぎ込んで探査をしないと分らない。いまのところ、尖閣諸島も竹島も、経済的には漁業権の問題でしかない。

 だったら、中央区と千代田区の区境論争と同じように、それは単なる経済問題。そこは「話し合い」でいくらでも決着がつく問題なのである。

 軍事衝突なんて何の意味もないし、お互い傷がついて何の得もない。両国で冷静に話し合って、取り敢えずは漁業権についての取り決めをおこなえばいいじゃないか。

 この程度のくだらない問題で、お互い「反日」「反中」「反韓」なんてやって政治問題化している意味はまったくない。というか、そうやって互いに反感を抱いていることで一番利益を得るのはアメリカだけである、ということを三者とも考えた方がいいだろう。

 最早、東アジアの利権はアメリカの手によって各国に振り分けられているのであるのだから、やたら問題化すればするほど、アメリカが言いたいようにできるということなのだ。

Fujifilm X10 @Ooi (c)tsunoken

 

« 『日本で知った「幸せ」の値段』以上に深刻な日本の問題 | トップページ | 『オッサンフォー』はナツメロか? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

埼玉県新座市にも東京都練馬区の飛び地があります。
多分、昔の土地所有の名残だと思いますが、そんな飛び地は全国いたるところにあると思う。
そういうのを探す旅なんかも面白いかもしれませんね。

毎日 よく書けますね   たいへんでしょう?? 尖閣のはなしは 別として 三重県と奈良県だと 思うけど 飛び地があります どちらに飛び地があるのか 忘れたけど 不思議なことです 県でも そういうことがあるのだから 区ぐらいでは ざらざらかも!!  日本は 海に囲まれていて よかった^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/55827695

この記事へのトラックバック一覧です: 区境には何がある? いやいや何もないのだ。というところから問題は飛躍するのだ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/10/07 08:42) [ケノーベル エージェント]
千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 『日本で知った「幸せ」の値段』以上に深刻な日本の問題 | トップページ | 『オッサンフォー』はナツメロか? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?