フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『繰上和美―時のポートレイト』展を見に行く | トップページ | 楽天の実験が目指すものは »

2012年10月14日 (日)

『山手線に新駅ができる本当の理由』よりも大事なこと

 問題は、東京(圏)への一極集中をこのまま推し進めて、というかそれは最早避けられないものだという前提に立って、結局一極集中した東京に稼いでもらって、地方はその儲けから分け前を回してもらう経済スタイルをこのまま進めるのか、あるいは東京圏ないしは三大都市圏と地方との格差をなくすべき、地方都市の開発を進めるべきなのか、ということなのである。

『山手線に新駅ができる本当の理由 そこには「ニッポンの復活」がかかっていた』(市川宏雄著/メディアファクトリー新書/2012年8月31日刊)

『特筆すべきは、やはりその経済規模であろう。2009年度の都内総生産は85兆2016億円。同年の国内総生産は471兆1387億円だったから、東京都だけで日本一国のGDPの6分の1以上(16%前後)を生産していることになる。この85兆2000億円という金額を2009年当時の1ドル=85円で計算すれば約1兆24億ドルになる、ニューヨーク(約6014億ドル)や上海(約2477億ドル)を軽く凌駕しているばかりか、世界の国別GDPランキングに置いても13位に匹敵する数字なのだ。東京都のDGPは、オーストラリア、メキシコ、韓国、オランダ一国のGDPを超えているのである。日本の富が、いかに東京に一極集中しているかがよくわかる。
 東京への一極集中は、わが国の税収面から見ても明らかである。2008年の数字だが、日本の所得税・法人税の税収シェアを見ると東京都だけで約44%。神奈川、千葉、埼玉など後背地を含めた東京圏で見れば約54%を占める。わが国の税収の半分以上は東京圏でまかなわれているのであり、ある意味、東京圏の盛衰がわが国全体の運命を左右するといってもいい状況になっている。』

 更に言ってしまえば、交通網の整備がストロー効果でもって、ますます東京への集中をもたらし、それが東海道新幹線によって関西圏も東京圏へとストロー効果が見られるというのである。つまり、これからリニア新幹線などで東京圏への交通が高速化という形で整備されると、ますます東京圏へのストロー効果となって、最早、橋下氏がいくら頑張ったところで、関西経済圏の復活どころか、むしろ「関西圏の地方化」が進むのであろう。

 という中での、「山手線田町~品川駅間の新駅建設と品川車両基地跡地の大規模開発」という話なのである。多分それは東京の山手地区、山手線内の最後に残された大規模地域再開発なのである。その広さは『東京ドームのグラウンド面積の約15倍。

 特に、「羽田空港に近い」「新幹線品川駅に近い」更には「リニア新幹線の始発駅が品川になる」という多くの交通メリットがあり、また「成田空港と羽田空港の一体化」という長期展望がある以上、これからの東京の中心は「田町・品川地区」になるという予想は見え見えであり、まさしく『品川―田町地区の再開発の成否は、追い上げ著しいアジアの主要都市に東京が負けることなく、さらに活性化し、日本経済が再び上昇気流に乗って、「持続的な発展モード」へと移行するためのカギを握っている』ということは事実であるが、その一方、『地方は、定住人口を無理に増やそうとしなくていい。地方は、都市部の人間が季節を限って訪れて心を癒すオアシスであったり、退職者が第二の家を持つ候補地になればいい。夏休みに都市部の子どもたちが短期滞在しに来る遊び場になるのもいだろう。こうした人の動きが、地方に新たな、それも大きな雇用機会を発声させることにもなる。極端な発言に聞こえるかもしれないが、東京に暮らす人にも地方に暮らす人にも、これからの時代は交流がお金を生み、地域を発展させるという考え方が必要なのではないだろうか』という発言は、ちょっと地方に対する現状認識が浅いんではないか、東京の発展とともに既に活動力を失って殆ど死にかけている、あるいは既に死んでいる地方のことが頭に入っていないのではないか、とも思われる。

 私なんかは、最早東京圏での都市再開発なんかは、誰もそれを推し進めなくても、勝手にデベロッパーが推し進めるだろうからということで、あまり関心がない。更に、中京圏、関西圏もストロー効果でどうせ東京に飲み込まれてしまうだろうから、これも関心はない。

 で、私として関心があるのが「東アジアのハブ」としての福岡経済圏である。何しろ福岡からソウルまでは1時間20分、上海まで1時間30分、東京まで1時間30分である。ちなみに東京からソウルまで2時間20分、上海まで3時間20分であるし、東京とは適当な距離にあってストロー効果は起こりにくい。むしろ東京より近い東アジアのハブとして福岡(博多)が大きな都市として出来上がれば、日本は東京を中心として中京圏、関西圏を巻き込んだ超大都市圏ができて、それに影響を受けないアジアの中心たる博多都市圏ができれば面白いことになる、と考えている。博多と沖縄が一緒になればもっと強力だ。

 ということで、東京超大都市圏と博多・那覇経済圏という東西二つの経済圏が日本を推し進めていけるのではないか……、と夢想するのだが。

« 『繰上和美―時のポートレイト』展を見に行く | トップページ | 楽天の実験が目指すものは »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/55868216

この記事へのトラックバック一覧です: 『山手線に新駅ができる本当の理由』よりも大事なこと:

« 『繰上和美―時のポートレイト』展を見に行く | トップページ | 楽天の実験が目指すものは »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?