フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ホリエ戦記』は麻雀の話ばかりでちょっと物足りないのだが | トップページ | 『FPD! International in Yokohama 1012』もちょっとな »

2012年10月31日 (水)

ディズニーがルーカスフィルムを買収って? でもない話ではないのか

 またまたビックリなニュースが飛び込んできた。何と『ディズニーがルーカスフィルムを買収」というニュースが日経新聞電子版に掲載されている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM31015_R31C12A0MM0000/

 最初読んだときは「まさか」という思いと、ますますメディア・コングロマリット化するディズニーの拡大路線は収まるところを知らないなあ、という感じだった。

 基本的に、ルーカスフィルムはディズニーをお手本にキャラクター戦略を作ってきたわけで、映画の権利は渡すけれどもキャラクターの権利は渡さないという、20世紀フォックスとの配給契約が今のルーカス帝国の出発点だった。だとするとルーカスがディズニーの傘下に入ることは不思議ではないのかもしれないが、一方、『スターウォーズ』の莫大なキャラクター収入をディズニーに渡してしまうのは随分ともったいない話でもある。

 しかし、ジョージ・ルーカスも最早68歳である。映画を企画して、投資して、なおかつ一部では演出もして、それで興行にかけて、ヒヤヒヤしながら結果を待つ、という生活に疲れてしまったのかもしれない。ディズニーの買収条件はジョージ・ルーカスが100%所持するルーカスフィルムの株を半分は現金で、残りの半分はディズニーの株式でということなので、ジョージ・ルーカスはディズニーの株主として残るわけだし、多分エクゼキューティブとして残ることになるのだろう。

 つまり、もうヒヤヒヤする人生は送るのは沢山。これからはディズニーのエクゼキューティブ・スタッフとして企画だけをやり、あとの作業は誰かに任せるという考え方なのだろう。その方が気楽にいられる。

 で、最初言っていた『スターウォーズ』全9作を完成させるのだそうだ。多分、全作完成する頃にはジョージ・ルーカスは80歳になっているだろう。だとしたら、企画だけやって気楽にその行く末を見守りたい、という気持ちになることは十分理解できる。

 まあ、ジョージ・ルーカスも年老いたりというところなのかもしれない。

 

« 『ホリエ戦記』は麻雀の話ばかりでちょっと物足りないのだが | トップページ | 『FPD! International in Yokohama 1012』もちょっとな »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/56011501

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーがルーカスフィルムを買収って? でもない話ではないのか:

« 『ホリエ戦記』は麻雀の話ばかりでちょっと物足りないのだが | トップページ | 『FPD! International in Yokohama 1012』もちょっとな »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?