フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 周防・長門紀行②萩 | トップページ | 『すごい会社のすごい考え方』は分かるけど、問題はそれを実現する「反常識的」なアプローチなんだよな »

2012年8月 6日 (月)

周防・長門紀行③山口市は、フランシスコ・ザビエルの町である

 ということで、昨日は山口市へ行った。なんでも、日本の県庁所在地で一番人口が少ないのが山口市だそうで、19万5千人。まあ、山口県全体の人口は143万人強で、2011年の調査では全国25位なので真ん中へんくらい、ということを考えると、やはり山口市の人口の少なさは特筆に価するもので、まあ、それだけ産業が少ない行政都市ということなのだろう。ホント、これが県庁所在地? っていうくらい小さな町である。

 山口県を旅すると、どこへ行っても「それしかないのかよ」的な雰囲気で「維新の志士」の話ばかりである。

 当然、山口市は周防だが、長門の国との主従関係を考えれば同じである。

 ということなので、ここでは強引に山口といえば、フランシスコ・ザビエルの町である、ということにしてしまう。

 1549年に来日したザビエルは京に上り足利義輝に拝謁し、日本全国での布教の許可を得ようとしたのだが、献上品がないことを理由に拝謁そのものを断られてしまう。当時は、そういうものがないと嫌な目にあう時代だったわけだ。とくに南蛮渡来の人物であるから、余計にそれを期待されてのかもしれないが。

 ガッカリしたザビエルは、一度、平戸に戻り、そこに置いてきた献上品を携え、今度は山口に来て、周防の大名・大内義隆に会い、たっぷりと献上品を渡し、喜んだ義隆は廃寺だった大道寺をザビエルに与え、そこを居住及び布教の場所として認めたのである。日本で最初の常設のキリスト教会であります。まあ、ゲンキンなものですね。

Dscf4709_2_2

 これは山口市の中心地にある山口ザビエル記念聖堂。なかなか立派な聖堂ではあるが、実はここは大道寺跡ではない。

 しかし、ここはガイドブックには必ず載っているところなので、結構観光客なんかも来ている。昨日は日曜日でミサを行っていたので、聖堂の中には入らなかった(入ったらミサが終わるまで出られない)が、普段は中にも入れるようだ。

Dscf4716_2

 ザビエル像とか……。

Dscf4706_2

 聖母マリア像なんかがあって、雰囲気のある教会であるが、こちらはもともとザビエルがいた教会ではないのである。

 山口ザビエル記念聖堂からクルマで5分くらい走ったところに、陸上自衛隊山口駐屯地があり、そこに隣接した場所にある聖ザビエル記念公園。こちらが大道寺跡である。つまり、日本で最初にできた常設のキリスト教会跡地である 

 そこが大道寺の跡地であるという由来書きがあり、聖ザビエル記念碑が立っている。でも、それだけ。

Dscf4741_2

 この聖ザビエル記念公園のことが載っているガイドブックは極めて稀である。

Dscf4737_2

 ということなので、観光客もまったくいない、人里はなれた公園という風情である。実は、周囲は住宅地なんだけれどもね。

 ホントはこっちの方が重要なのにね。

Fujifilm X10 @Ymaguchi (c)tsunoken

« 周防・長門紀行②萩 | トップページ | 『すごい会社のすごい考え方』は分かるけど、問題はそれを実現する「反常識的」なアプローチなんだよな »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/55309738

この記事へのトラックバック一覧です: 周防・長門紀行③山口市は、フランシスコ・ザビエルの町である:

« 周防・長門紀行②萩 | トップページ | 『すごい会社のすごい考え方』は分かるけど、問題はそれを実現する「反常識的」なアプローチなんだよな »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?