フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『いつだって僕たちは途上にいる』とおり、いつまでたっても途上のままなのだな、この二人は | トップページ | やったぁ、新城、敢闘賞! »

2012年7月 5日 (木)

e-books EXPO 開幕! だけどなあ、なんか今ひとつ感が…

 業界的にはe-Book Expo(正式には「国際電子出版 EXPO」)が昨日から東京ビッグサイト西ホールで開催された。

 アメリカではアマゾンが紙の本よりも電子書籍の方が売り上げを上げているなんて情報も入ってくるが、日本では今のところまだまだという電子書籍である。「売れた!」っていう話も、一時はやったケータイ小説やコミックを除けば、紙の本と電子を同時発売して話題になった京極夏彦の『死ねばいいのに』の1万部や、これまた「ほぼ同時発売」で「この人なら当たり前でしょ」の『スティーブ・ジョブズ』の数万部が話題になった程度で、あまり芳しい話はない。

 それも、やはり日本語という特殊な言語が問題のようで、さまざまのフォーマットが入り乱れてしまい、出版社も「そんなのに付き合ってらんねえよ」というところでもあろう。

Dscf4439_2
公式サイトです→ http://www.ebooks-expo.jp/

Dscf4437_2

さすがにこのイベントでは昔から存在感のあるボイジャー社のブースである。見せるものもいろいろあるのがすごい。

2012_07_04_001_2

YAHOO!がどんな形で電子書籍に関係してくるのかはまだ見えない。楽天のようなデバイスではないし。

Dscf4434_2

「丸善&ジュンク堂+文教堂」グループは電子とリアルのハイブリッドを狙っているようだが、その先がよく見えない。

 昨日の(というかこのイベントの)目玉は初日の「国際講演」「IDPFコンファレンス」位か。7月5日・6日は国際ブックフェアのセミナーがあるけど、それはe-bookとは関係ない。

 ということで、私は「国際講演」を覗いてきた。「IDPFコンファレンス」はEPUB3の話ばかりみたいで、フォーマットに関しては「一個に統一せよ」と言うだけしかないトーシローの私には関係ない。

 国際講演の登壇者は講談社社長・野間省伸氏、楽天社長兼会長・三木谷浩史氏、IDPF事務局長・ビル・マッコイ氏で、モデレーターが丸善CHIホールディング社長の小城武彦氏、というなんか微妙な顔ぶれだ。だって、一昨日、カナダのKOBOを買収してコボ・タッチという電子書籍デバイスの発売を公表したばかりの楽天と、ケータイ小説では後塵を拝したとはいえ、京極夏彦、スティーブ・ジョブズに加え、最近『ハリー・ポッター』シリーズ日本語版を静山社をはずしPOTTERMOREという自分のサイトで売り出したJ.K.ローリングの次作『The Casual Vacancy』の翻訳権を獲得して、今度はその電子版も取っちゃおうという講談社と、EPUB3をなんとしてでも進めたいIDPFのビル・マッコイを、元経産省の役人で CCCやらカネボウやら、再生産業機構を動かしてきて、今や下流(書店)から出版業界を変えようとしている小城武彦氏が司会をするのである。

 これって絶対に怪しい組み合わせだよね。

 ということで、まずは三木谷氏が前日発表したばかりのコボについての戦略を、なんか怪しげな(本音を隠した)言い方で開陳した後、野間氏が電子出版協会の公式発言を繰り返しながら、なんか楽天の戦略を聞き出そうとしたり、丸善&ジュンク堂の戦略を聞き出そうとしたり、マッコイ氏はIDPFの戦略だけを聞かれもしないのに話したり、で、結局、楽天の本音とか、丸善&ジュンク堂の本音は出ない、勿論講談社の本音もまたという、まあ、よくあるティーチ・インのスタイルの講演ではあった。

 最初、「国際講演」とあったので、それぞれが一人づつ話すのかと思ったのだが、残念ながらいつものティーチ・イン・スタイル。これじゃあそれぞれの会社の考え方は出てこないって。この辺、主催者にちょっとだけ文句を言うと、もうちょっと発言者が失言するシチュエーションとか、発言者が思わず本音を言ってしまう状況づくりをしなければいけないんじゃないのか。まあ、主催者のリード・エグジビション・ジャパンは電子書籍のプロじゃないんだからしょうがないって言ってしまえばそうなんだけれども、もうe-Book Expoの16回目でしょ、だったらもうちょっと考えろよ、という厳しいことも言っておきたい。

 リード・エグジビジション・ジャパンはこうしたイベントをもうずいぶん開催している。最初は苦労したとは思うけれども、もはや大型イベント主催者としては老舗ではある。だったら、出演者、出展者から多少は嫌われてもいから、なんか主催者らしいイベントを行ってほしい、と考える。

 出展者から嫌われるのも、主催者としては必要なのだ。「あの主催者は嫌いだけれども、あのイベントに参加しないと業界から消されちゃうかもしれない」なんてことを出展者が考えてしまえば、それは主催者の「勝ち」なのだ。

 カンヌ映画祭みたいにね。

  国際電子出版EXPOは6日まで、東京国際ブックフェア、クリエイターEXPO東京と併催。ブックフェアは8日まで開催。

« 『いつだって僕たちは途上にいる』とおり、いつまでたっても途上のままなのだな、この二人は | トップページ | やったぁ、新城、敢闘賞! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/55111853

この記事へのトラックバック一覧です: e-books EXPO 開幕! だけどなあ、なんか今ひとつ感が…:

« 『いつだって僕たちは途上にいる』とおり、いつまでたっても途上のままなのだな、この二人は | トップページ | やったぁ、新城、敢闘賞! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?