フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ラクロスも春シーズン終了! 前期試験に突入だ! | トップページ | 『私、社長ではなくなりました。』って、当たり前でしょ。こんな惨状を作ったんだから »

2012年6月27日 (水)

『Think Simple』ったって、それはジョブズだから通用した、中小企業の経営方法である

 ふうん、この人があの「iMac」というコンピュータの名付け親だったんだ。

『Think Simple アップルを生み出す熱狂的哲学』(ケン・シーガル著/高橋則明訳/林信行監修・解説/NHK出版/2012年5月25日刊)

 ということで、スティーブ・ジョブズがアップルに戻ってきて一番最初に手をつけたのは、製品ラインナップを「シンプル」にしたことだった。当時、Quadra、Performa、Macintosh LC、Powerbook、Power Macintoshなどのラインナップがあって、それらのどれがどんなユーザー向けの商品なのかが分かりづらかったアップルの商品群を、ノートとデスクトップをそれそれコンシューマ向けとプロ向けの4種類にして、ユーザーが自分が何を選べばいいのかをはっきりさせたことだろう。つまり、iMacとiBook、Power Mac G3とPower Book G3の4種類でなおかつ、製品名を聞くだけでコンシューマ・モデルなのかプロ・モデルなのかが分かる仕組みである。つまりそれがThink Minimalということであろう。さすがにそれはシンプルさの極みではある。

 いくつかこれはそうだよな、と思う点はあるものの;

『すばらしい会議の実践法
1.出席者は最小限にする。
2.三十分以上続くときは退席する。
3.会議で使った時間を埋めあわせるべく、その日に何か生産的なことをする。』

 というのは、しかし社長しか使えない手だし、

『プロジェクトの成果の質は、そこにかかわる人間の多さに反比例する

 プロジェクトの成果の質は、最終的な意思決定者がかかわる程度に比例する』

 というのも、その「最終決定者」が社長なら当たり前の話だ。

 アップルと同じコンピュータ・ジャイアントのデルとの比較も面白い。

『アップルは、一九九七年にブランド確立キャンペーンを作りはじめた。
 デルは、二〇〇八年にブランド確立キャンペーンを作りはじめた。

 アップルは、すぐにキャンペーンを始めたがった。
 デスは、数ヵ月間のスケジュールをじっくりと練った。

 アップルでプロジェクトチームを率いたのはCEOだった。
 デルでプロジェクトチームを率いたのは委員会だった。

 アップルは、有能な少人数のグループを信頼した。
 デルは、対立する人々が集まった小さなグループを信頼した。

 アップルは、自分が何者かわかっていた。
 デルは、まず自分が何者かを知る必要があった。

 スティーブ・ジョブズは積極的に関与した。
 マイケル・デルはプロジェクトが完成したときに見る予定だった。

 アップルのブランドチームは、CEOの承認を得るだけでよかった。
 デルのブランドチームは、各部門の承認を得なければならなかった。

 アップルは、一ヵ月でキャンペーンを考えて作りあげた。
 デルは、戦略を話しあうだけで一ヵ月かかった。

 アップルは、Think differentキャンペーンを完成させた。
 デルは、大量のプレゼン用のパネルを完成させたが、それらは暗いロッカーにきちんとしまわれた。』

 という比較は、だからアップルが優れていて、デルはダメなんだという証拠にはならない。勿論、その結果、アップルのブランドキャンペーンがデルよりも優れたものになったであろうこれども、だからといってそれがアップルのほうがデルよりも優れた会社であるということにはならないのだ。言ってみれば、それは企業風土の違いでしかない。

 一方、アップル社はいまや60,000人を超す従業員を抱える大企業である。最早中小企業ではないアップル社で、スティーブ・ジョブズのシンプルに考える方法がどこまで通用するのかという問題がある。ジョブズ自身もアップル社のトップ100人くらいしか付き合っていなかったというわけなので、その中ではシンプルさが通用するだろうが、結局全社でそれが通用するかどうかはわからない。さらに、いまやジョブズなきアップル社がどれほどシンプルさを実行できるかどうかは、もっとわからない。

 つまり、こうしたシンプルさで会社を運営できるのは、会社が小さなときか、あるいはリーダーの力が圧倒的に強く、なおかつそのリーダーが会社のいろいろな部分に首を突っ込める状態のときまでなのだ。

 では、今のアップル社はどうなっているのだろうか。ティム・クックのアップル社が今後どうなっていくのかは、いまだに見えない。クックがジョン・スカリーやマイク・スピンドラー、ギル・アメリオのようにならないという保証は、今のところ、ない。

 

« ラクロスも春シーズン終了! 前期試験に突入だ! | トップページ | 『私、社長ではなくなりました。』って、当たり前でしょ。こんな惨状を作ったんだから »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54959560

この記事へのトラックバック一覧です: 『Think Simple』ったって、それはジョブズだから通用した、中小企業の経営方法である:

« ラクロスも春シーズン終了! 前期試験に突入だ! | トップページ | 『私、社長ではなくなりました。』って、当たり前でしょ。こんな惨状を作ったんだから »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?