フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『バカで野蛮なアメリカ経済』というタイトルよりも「日本は“野蛮な経済”にどこまで付き合うべきなのか?」という腰巻の方が気になる | トップページ | 国宝「松本城」にまつわる様々な想い »

2012年5月13日 (日)

「妙高市」ということで新井市と妙高高原町が合併したのだが……

 先週の京都といい、ここのところ旅行づいており、一昨日はちょっとワケありの用件で新潟県の妙高市に行ってきた。

 妙高市というのは、2005年に新井市と妙高高原町、妙高村が合併してできた市で、当時の新井市役所がそのまま妙高市役所になっている。つまり、新井の町が妙高市の中心と言うわけなのだが……。

Dscf4069_2

Dscf4068_2

 妙高市の中心街、新井の駅なんですが、なんか寂しい駅前ですね。確かに、高崎―横川間と違って、長野―直江津間は単線運行で、新井駅も1時間に1本か2本しか走っていないわけで、タクシーの運転手さんもヒマそうにしている。Dscf4071_2

 新井の唯一の大企業が新井信用金庫であります。それ以外では君の井酒造あたりが多少知られている会社かな。でも、君の井は30人くらいしか従業員がいない典型的な中小企業の造り酒屋でしかない。

 産業としては、化学工業のダイセル新井工場とかパナソニックの工場がある位。信越線のお隣の駅、二本木駅はもともと日本曹達二本木工場のために作られた駅で、スイッチバックがある駅で鉄道オタクには有名な駅であるが、いまや一時期は1万人の従業員がいた日本曹達二本木工場はなくなってしまった。結局、ダイセルとパナソニックだけが地元の人を沢山雇用している外部資本という、典型的な田舎町ではあります。。

 あとは「笹ずし」と「かんずり」くらいが名物である。ま、典型的な田舎町なのである。スキー場も潰れてしまったし。
Dscf4065_2

 で、新井の町をクルマで走っていると、まだまだ残雪が残っているような状態だったのだが……。
Dscf4084_2

 宿泊先の妙高高原は、まだまだ雪がたくさん残っていて、まだ冬だった。

 なんかこうして見ると、新井と妙高高原が同じ市という感覚はあまりないなあ。なんか、別の町という印象なのだった。

Fujifilm X10 @Myoukou City (c)tsunoken

« 『バカで野蛮なアメリカ経済』というタイトルよりも「日本は“野蛮な経済”にどこまで付き合うべきなのか?」という腰巻の方が気になる | トップページ | 国宝「松本城」にまつわる様々な想い »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

へえ、まだ日本曹達ってあるんだ。

日曹は従業員は減りましたが今も二本木にありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54692703

この記事へのトラックバック一覧です: 「妙高市」ということで新井市と妙高高原町が合併したのだが……:

« 『バカで野蛮なアメリカ経済』というタイトルよりも「日本は“野蛮な経済”にどこまで付き合うべきなのか?」という腰巻の方が気になる | トップページ | 国宝「松本城」にまつわる様々な想い »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?