フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 就職先はブラック企業 | トップページ | 『天職は寝て待て』って言われても、そうはいかないから、みんな困ってるんでしょ »

2012年5月10日 (木)

『東大卒でスミマセン』って謝られてもなあ、別に東大卒を特別視していないしなあ

「「東大卒でスミマセン」なんて謝られてもなあ、別に謝るようなことでもないし、「普通でしょ」と言えば言えちゃうのだ。それを「学歴ありすぎコンプレックス」という言い方をすること自体が、筆者の「田舎のネズミ」コンプレックスの表出でしょと言わざるを得ないのだ。東大卒や東大院卒がゴロゴロいる会社にいて、なおかつそいつらの凡庸さに辟易しているわが身としては、東大卒ってそんなに偉いのかよ! ってなもんですな。

『東大卒でスミマセン 「学歴ありすぎコンプレックス」という病』(中本千晶著/中公新書ラクレ/2012年4月10日刊)

 とにかく「受験技術のうまい使い手でしょ」というのが、東京における東大生に対する評価である。大学受験なんてのは、どこの大学を受けるにせよ、所詮「受験技術」である。勿論、その技術を可能にするためのいろいろな(東大の場合は、東大の試験に落ちる人間では不可能な)関門はある。とは言うものの、それは技術である以上、何かを犠牲にすれば殆どの人が獲得できる筈の技術でもある。ただし、それを獲得するためには犠牲にするものが多すぎるというのが、おおかたの人たちが東大に行かない(行けない?)理由なのだ。

 従って、東大卒と言われても、普通の人たちは「ああ、そうですか」ってなもんで、社会に出てしまえば東大も東洋大(両方とも文京区にある「東大」です)も横一線なんだから気にしない、という風に東京では考えるのだ。

 それを何か「東大生は特別な存在だ」と考える文化がおかしいのだ。この本を書いた中本氏も「東大卒女子」という、まあ、東大生としてはマイナーな存在だったから注目されたのかも知れないが、でも、そんな東大卒を特別視する環境(しかし、中本氏が最初に勤務したリクルートを始めたのは江副さんっていう「東大新聞」の人なのになあ)でお仕事をはじめた環境を恨むのですな。まさしく『「学歴ありすぎコンプレックス」という病』に勝手に罹っていたのが中本氏なのだった。

 つまり何だろう、中本さんの発想ってのは、『週刊現代』風に言ってしまうと、「東大までの人・東大からの人」の中の「東大までの人」的な発想なのだ。もともと「地アタマ」というのがある。「地アタマ」のいい人は東大に入ってもそこからグングン力を伸ばす人である。「地アタマ」の悪い人は、結局、東大に入ったことでそれでおしまい。「受験技術」を身につけるところまではいいのだが、そこから先には行けない人が、頑張ったとしてもそこまでの人であり、そこから先の人生は東洋大学卒と競わなければならない人なのであろう。

 多分、今、中本氏はフリーライターになってそれを感じていることだろう。フリーライターの世界は、それこそ中卒から大学院卒までそろっていて、そんな学歴じゃない世界で皆が競っている世界である。まあ、競っているのは週刊誌のライター同士であって、そうじゃない人はあまり関係がない。そんな世界で東大卒なんて肩書きが通用しないのは当たり前。

 要は、「東大卒」と言うものが、どこか他の大学卒というものと「違う」という発想が間違っているのだ。別に東大だろうが東洋大だろうが、同じ大卒でしょ、じゃあ出発点は同じじゃないですか、というのが普通の発想である。

 そう、中本氏のこの『東大卒でスミマセン』を読むと、なんか逆に「東大卒」を認めて欲しいという気分があからさまに出てくるのだ。そんなもん、認めませんよ。個人の実力だけでしょ。

 ということで、中本千晶さんは、やっぱり東大卒を特別視してもらいたいのだろうか。だって、こんなに入学するのに苦労したんだから、その苦労を認めてよ、という訳である。

 ああ、残念!

 閑話休題、一昨日のブログ『京都の不思議な長屋建築』に対して、「さすらい日乗」さんという読者の方から「これは、関西によくある「二戸一」(にこいち)という建て方だと思います。」というコメントをいただいた。「ニコイチ」というと、例えば同型の事故車二台を買ってきて、一台に仕立て上げちゃうようなイメージでとらえていたのだけれども、そうかこういう使い方もあるのだな。つまり、二戸の住宅を一つの建物のように作って安く上げるという方法なんだろう。

 フムフム、勉強になったワイ。ブログも便利じゃなあ。

 しかし、二戸のうち、片方だけが立て替えを考えた時なんかどうするのだろう。壁を壊しちゃう訳にはいかないだろうからなあ……。と、また疑問が湧いてくるのだった。

« 就職先はブラック企業 | トップページ | 『天職は寝て待て』って言われても、そうはいかないから、みんな困ってるんでしょ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54613038

この記事へのトラックバック一覧です: 『東大卒でスミマセン』って謝られてもなあ、別に東大卒を特別視していないしなあ:

« 就職先はブラック企業 | トップページ | 『天職は寝て待て』って言われても、そうはいかないから、みんな困ってるんでしょ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?