フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『就職に強い大学・学部』って、もう飽きたね。だって就職差別なんて当たり前じゃない | トップページ | 大友克洋GENGA展を(やっと)見に行く »

2012年4月11日 (水)

『ツール・ド・ランス』ってダジャレですか

 まあ「強いものは疎まれる」というひそみに倣えば、まさしくその通りである。しかし、強すぎた。1999年から2005年まで、ツール・ド・フランス7連勝というバックグラウンドがあれば、当然そこにはドーピング疑惑があって当然であり、常にそうした疑惑の中心にいざるを得ないのだ。

『ツール・ド・ランス』(ビル・ストリックランド著/安達眞弓訳/白戸太朗監修/アメリカン・ブック&シネマ/2010年9月25日刊)

 そんなランス・アームストロングがよせばいのに2009年に復帰して、それもツール・ド・フランスに参加するというのだ。ランスの後にアスタナに参加して、ランスの次のアスタナのエースと目されていて、事実2007年のツールで総合優勝したアルベルト・コンタドールにしてみれば、当然ランスの復帰は面白くないはずだ。アスタナのチーム・ディレクターであるヨハン・ブリュイネールはどちらをチームのエースに決めるんだろうか。4年ものブランクがある選手である。当然、今チャンピオンである自分がエースであるのは間違いない。しかし、ヨハン・ブリュイネールとランス・アームストロングの関係である。つまり、ヨハンとランスのこれまでの業績は、この二人じゃなくては出来なかった業績である。ランスがレースに復帰するということになれば、当然昔のヨハンとランスの関係論になってしまうだろうというのは、素人目にも分かることである。当然、ランスはヨハンを頼って復帰したわけであるのだから。

 というところで、2009年のツール・ド・フランスが俄然面白くなってくるのだ。同じチームの中でのエース争いといえば、ベルナール・イノーとグレッグ・レモンの1985年と86年の確執が有名であるけれども、しかし、それはまだ現役継続中であったイノーとの関係論なのである。一度引退したランスを迎え入れるコンタドールの気もちは如何ばかりであろうかと考えてみればすぐ分かる。

 これまで自分をランスの後のチームのエースだと捉えていた監督が、ランスが帰ってきたことでなんか揺らいでいる。でも、じゃあランスをエースにするのならば自分を斬首にすればいいじゃないか。ところがそれもしないで、なおかつランスをエースとして迎えるヨハンってなんなのだ。という気分にコンタドールが陥っても当たり前であろう。

 本当は、そんなコンタドールの側にたった証言が欲しかった。結局、本書のようにランス側にたった諸証言では、結局コンタドールはチームの指示に従わない自分勝手な(でも強い)エースだというものにすぎない。

 しかし、コンタドール側にたった証言があれば、実はそうじゃなくて、いかにヨハン・ブリュイネールとランス・アームストロングが言うことが無茶なことばかり言っているのか、ということになるだろう。だって、コンタドールが勝っていいステージで、勝たなくてもいいなんて指示をだすのだ。

 ランスに関するドーピング疑惑だって、最後はこうしたアメリカ人が書いた本によって、何となく「ランス・アームストロングはドーピングしてないんじゃないの」という日本人の結論になってしまうのだ。しかし、ヨーロッパ人中ではランスのドーピングは当たり前という考え方もあるように、これだけの業績を上げた選手がドーピング位したっていいじゃないか、という考え方もあるのだ。

 とにかく、「ガンからの生還を遂げ、なおかつツール・ド・フランスで7連勝した」ということで、半ば神格化されているランス・アームストロングなんだけれども、その神格化は間違っているね。単なる「ビッグ・ランス=尊大なランス」であるだけだ。

 ランス・アームストロングは神様なのか? それは違うね。

 だったら、アルベルト・コンタドールは阿弥陀様なのか、という問いぐらいにおかしな問いだ。

 ランスは、結局復帰したけれども、アメリカのローカル・レースで勝っただけである。グラン・ツールはももどかは、ワンデーレースでも勝てない。ツァー・ダウン・アンダーでも勝てなかったじゃないか。そういう意味では「過去のレーサー」なのだ。

 まあ、それでいいじゃないか。

 所詮、一回引退したレーサーが、ちょっと気になって、一回復帰してみようかなと思っただけ。

 本当は、そのために本を書くほどじゃなかったのだ。

 が、本を書かせてしまうだけの魅力がまだあるんだ、ランスには、ということなのだろう。

 できれば、英語の翻訳者だけじゃなくて、イタリア語とかフランス語とかドイツ語の翻訳者たちにも、こうしたツールだけじゃなくて自転車本の翻訳をお願いしたい。多分、イバン・バッソやヤン・ウルリヒやパンターニなんかの伝記もあるんだろうから、そんな本を読んでみたい。

 そうすれば、こうしたランス=アメリカ側からだけじゃない、自転車世界が見えてくるかも知れないのだ。

« 『就職に強い大学・学部』って、もう飽きたね。だって就職差別なんて当たり前じゃない | トップページ | 大友克洋GENGA展を(やっと)見に行く »

自転車・本」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54290294

この記事へのトラックバック一覧です: 『ツール・ド・ランス』ってダジャレですか:

« 『就職に強い大学・学部』って、もう飽きたね。だって就職差別なんて当たり前じゃない | トップページ | 大友克洋GENGA展を(やっと)見に行く »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?