フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『スカイラインを超えて』は幸せな時代の話。これからはもっとシビアに「スカイラインを超える」のだ | トップページ | 世田谷文学館に手塚治虫を見に行く »

2012年4月27日 (金)

小沢一郎のルサンチマン始まる

 ご存じの通り、小沢一郎氏に対する東京地裁の判断が下された。

 ここから小沢一郎のルサンチマンが始まらないと収まらないというのが、小沢シンパの考えただろう。

 当然の無罪ではあるが、これも薄氷の勝利というべきで、下手をすると検察・司法の一体感からすると有罪という予想もあった。まあ、ぎりぎり裁判所にも「良心」が残っていたというところなのだろう。

 何しろ、「物証」は何もないし、検察審議会に渡った資料も「ねつ造」されたものだったというのも情けない。「推定無罪」というのは裁判の常識だが、その常識さえ疑われる最近の刑事裁判事情を考えると、かなり「危ない橋」だったわけだ。

 勿論、私は小沢一郎氏が「真っ白」だとは思わない。何しろ故・金丸信の懐刀である。集金の手際もかなり強引だったという話もある。しかし、逆にそう人だからこそ、そこは抜かりなく証拠隠滅を図っているだろうし、物証を掴まれるようなヘマはしないはずだと、考えていた。結果は、「状況証拠」だけしかなく、その通りになったというだけのことである。「怪しい」ということだけでは、誰も「有罪」には持ち込めないのだ。

 復活した小沢一郎氏である。

 で、問題は消費増税だろう。とにかく、選挙戦で不利になる消費増税には反対ししている小沢氏である。今、一番の政治課題であるが、もはやそれは風前の灯火であろう。野田政権としてはとにかく谷垣自民と公明党を巻き込んで法案成立を願いたいところなのだのだけれども、多分、それはそうはいかず、廃案になるだろう。

 じゃあ、消費増税に代わる増税収案はあるのかといえば、小沢氏としては「宗教法人」として守らている法人のからの税収を当てればいいという発想なのだ。多分これは公明党あたりが絶対に反対する法案なのだけれども、国民は皆、創価学会からの税収を期待するのだから、全然問題ない。

 更に、国連主義を掲げる小沢氏である、これまでのような「従米嫌中」路線での沖縄政策ではなく、「国連主義」に基づく沖縄政策が出てくるかもしれない。

 だとしたら、それはそれでいいじゃないか。

 消費税上げない、宗教税上げる、という方向で、なおかつ沖縄は国連主義で、という方向に日本が進んでくれればそれはいいことだ。

 もう、それしかないんじゃない?

Dscf0232_2

« 『スカイラインを超えて』は幸せな時代の話。これからはもっとシビアに「スカイラインを超える」のだ | トップページ | 世田谷文学館に手塚治虫を見に行く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54565524

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎のルサンチマン始まる:

« 『スカイラインを超えて』は幸せな時代の話。これからはもっとシビアに「スカイラインを超える」のだ | トップページ | 世田谷文学館に手塚治虫を見に行く »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?