フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『IT断食のすすめ』というよりは、どうせならITを使い倒せっていったほうがいいのじゃないかな | トップページ | 3/11 北茨城 そして小名浜 »

2012年3月11日 (日)

『本当は怖いソーシャルメディア』といったって、もう付き合わないわけにはいかないんだから

 昨日の『IT断食のすすめ』ではないが、結局、メディアというものは、メディアの発信者と受信者の間の格差を自律的に広げてしまうものなのだろう。

『本当は怖いソーシャルメディア』(山田順著/小学館101新書/2012年3月4日刊)

『「新聞はインテリがつくってヤクザが売る」という言葉がある。あるいは「インテリがつくってバカに売る」とも言える。』という言葉を目にすると、多分、メディアの受容者である「バカ」の人々は怒るかもしれないが、まあ、そんなものである。これをテレビの世界に置き換えてみると「テレビに出るやつはバカ、でもそれを見ているやつは大バカ、作っているやつだけ利口」というのがテレビの世界でのコモンセンスである。昔、某テレビ局でアルバイトをしている時に、実際にテレビ局の人から聞いた話だ。じゃあ、出版はどうなのよ、って? まあ、ご安心ください。出版に関してだけは、本を読む人は小利口、作っているやつは大バカだからです。まあ、この「小利口」というところに、多少出版人の○○があるんですがね。

『そこで、この伝でいけば、インターネットを基盤とするソーシャルメディアはどうなるだろか? ソーシャルメディアもまた「インテリが作ってバカに売る」という構造にあるのは明白だ。この場合、「バカに売る」でなく「バカを集める」である。集めれば集めるほど収益が上がるのだから、現在の社会構造から見て、下流層(ビンボー人)が多くなる。これは日本でも同じである。』

 とまあ、さんざっぱらな言われ方ですね。しかし、意実なんだからしょうがない。

 スティーブ・ジョブスがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ。

"Stay hungry, Stay Foolish"

 はあまりにも有名だが、それはスタンフォード大学という西海岸の超エリート大学の卒業式だからこそ言えた話で、日本の三流四流大学の卒業式で「腹ペコでいろ、バカでいろ」なんて言うわけはないのだ。だって、そんなこと言われなくたって「腹ペコでバカ」ってまんまだもんね。まさに中川淳一郎氏が言うとおりの『ウェブはバカと暇人のもの』というとおりの状況に、どんどんハマっていくのである。

 つまり、インターネットの時代になって、一番大きく変化したのは「情報はタダで入る」という考え方が当たり前になってしまったこと。しかし、タダの情報ほど劣化した情報はない、という基本を皆忘れてしまって、「ググッておしまい」なのだ。しかし、所詮タダで手に入る情報は「その程度」の情報でしかない。本来は、お金を払って、身体を使って、時間を使って情報というものは手に入れるものなのだ。結局、タダで手に入る情報は何らかの「ヒモ付き情報」でしかない。

 しかし、ネットでの情報過多の弊害についてのアメリカでの調査では;

『1、ストレスと無力感が助長される(多くの大学での調査で判明)

 2、クリエイティビティ(創造力)が減退する(ハーバードビジネルスクールの調査によると「成果を出すには情報を遮断し、一定期間集中することが必要」という)

 3、生産性を下げる(ミシガン大学の研究結果)』

 ということなのだが、では、こういうのはどうなんだろう。

『いずれにせよ、いま、ネット上には映像コンテンツがあふれている。この先は、さらにあふれる。そうなると、いったいなにが起きるだろうか?

 当然、ユーザーは、好きなときに好きな場所で、好きな端末で自由にコンテンツを楽しむだろう。たとえば、朝起きてしばらくはスマホやタブレットで、勤務中のオフィス時間帯はPCで、帰宅後はネットテレビで、というようになる。』

 おいおい、「勤務中の時間帯」にPCで「映像コンテンツ」を楽しんじゃうのかよ、ってとんでもないね。仕事しろよ、仕事。そんな仕事中に映像コンテンツを見ながら「忙しい、忙しい」ってないだろ、そんなこと。まあ、まったくこれじゃあ日本企業がどんどん劣化して、落ち込んでいくのも無理ないか。

 えっ? 何だって? ソーシャルメディアの怖さについて書いてないって? そんなこと、当たり前じゃないですか。

 ソーシャルメディアに参加して、いろいろ書き込みとかしていれば、当然、個人情報はプラットフォーム企業に筒抜けになる。そんなことは承知で、メディアと付き合えばいいのじゃないだろうか。プラットフォーム企業に自らをさらけ出して付き合っているという自覚をもって使えばいいのである。

 所詮、いまさらソーシャルメディアと付き合うなといっても、多分無駄だろうから、それを自覚して付き合うしかないかな。

« 『IT断食のすすめ』というよりは、どうせならITを使い倒せっていったほうがいいのじゃないかな | トップページ | 3/11 北茨城 そして小名浜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

話がわかってない、馬鹿はおまえだろ/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54177725

この記事へのトラックバック一覧です: 『本当は怖いソーシャルメディア』といったって、もう付き合わないわけにはいかないんだから:

« 『IT断食のすすめ』というよりは、どうせならITを使い倒せっていったほうがいいのじゃないかな | トップページ | 3/11 北茨城 そして小名浜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?