フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『キツツキと雨』のヌルさと亀有のヌルさと | トップページ | 『タイムマシンの作り方』が事実だとすると、結構、刺激的だぞ »

2012年2月20日 (月)

旧中原街道を往く

 旧中原街道を往く、っといたって別に平塚から虎ノ門まで歩いたわけではない。品川区荏原二丁目、武蔵小山銀座のはずれ辺りで、現在の中原街道と二股で分かれる旧中原街道に入って、それが五反田のTOCビルの裏側に突き当たる、せいぜい1キロ位の距離である。

Epsn0622_2

Epsn0692_2

 旧中原街道の荏原二丁目の分かれ道。遠くに見えている屋根のてっぺんが、星薬科大学であります。

Epsn0629_2

Epsn0631_2

Epsn0658_2

Epsn0669_2

 中原街道は東海道の裏街道として使われており、大名行列なんかが沢山あった東海道の面倒さを避けて使った街道らしい。赤穂浪士もここを通って江戸まで来たそうだ。「宿場町」なんてのもなくて、武蔵小杉とかに「継立場」というのが置かれたそうだが、要はその「継立場」が言ってみれば宿場町だったわけで、そこには岡場所が置かれていたのだろうな。

 武蔵小山の平塚橋(そこから旧中原街道は分かれている)あたりが、昔はどういう町だったのかは分からないが、多少は賑やかな町、つまり岡場所なんかもあった町だったのかもしれない。

 とりあえず、そこから分かれた旧街道は道なりこそは旧街道のままを残しているそうだが、町の雰囲気はまったく「街道筋」ではない、普通の生活道路という感じである。

 ただし、上の写真にもあるとおりの戸越地蔵尊とか、「旧中原街道供養塔群」なんてのもあったりして、そんなところで「旧中原街道」を想像するしかない。

 品川区という場所柄、機械加工関係の工場や会社が散見される道をあるいていくと、桐ヶ谷斎場へいく道との交差点をすぎて、もうすぐに品川区西五反田に達してしまい、TOCビルの裏側、船井総研ビルの脇にて終わる、旧中原街道の旅ではあった。

Epsn0673_2

EPSON RD1s Summicron 35mm/F2 @Ebara Gotannda (c)tsunoken

« 『キツツキと雨』のヌルさと亀有のヌルさと | トップページ | 『タイムマシンの作り方』が事実だとすると、結構、刺激的だぞ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/54026316

この記事へのトラックバック一覧です: 旧中原街道を往く:

« 『キツツキと雨』のヌルさと亀有のヌルさと | トップページ | 『タイムマシンの作り方』が事実だとすると、結構、刺激的だぞ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?